「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道文教大学附属幼稚園

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道文教大学附属幼稚園
取材日:2017年5月

写真大 ランニングによる体力づくり

写真 約半世紀の歴史を誇る

自然豊かな環境の中で、異なる年齢の子どもたちが通園

 1970年に開園して以来、地域の要望に応える保育施設として、その役割を担ってきた「北海道文教大学附属幼稚園」(小田進一園長)。
 同園では、年齢の異なる園児が同じクラスで過ごす「異年齢縦割り保育」を実施。年長児と年少児が一緒に生活したり遊んだりすることで、お互いを認め、学び合い、遊びをより面白いものへと発展させている。
 その効果は保護者からも高い評価を受けており、教員と保護者との信頼関係も育んでいる。
 日常の生活では、通常のカリキュラムや行事のほかに、ランニングによる体力づくりを実施。園児は体力が強化されることで、風邪がひきにくくなるほか、精神的な成長をもうながしている。
 なお、同園は2019年度に予定している「幼保連携型認定こども園」への転換に向けて、18年に園舎の改築をおこなう予定だ。

基本データ

企業名:
学校法人鶴岡学園 北海道文教大学附属幼稚園
住所:
札幌市南区石山531番地
TEL:
011・591・7512
URL:
http://www.do-bunkyodai-yochien.ed.jp/
教育:幼稚園・保育園