「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道エア・ウォーター

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道エア・ウォーター
取材日:2018年1月

写真大 グッドデザイン選定のガレージNS-2000

写真 趣味のスペースとしての活用法 写真 カーポートも用意 写真 日江金属の自社工場 写真 成形まですべて自社施工

ガレージや物置、エクステリアリフォームに対応

 北海道で産業・医療ガス、エネルギーや農業・食品など「空気、 水、地球、そして人」にかかわる多角的な事業を展開する北海道エア・ウォーター。なかでも生活エネルギー分野では電気とLPガスの2つを組み合わせて使うハイブリッド給湯暖房システム「VIVIDO(ヴィヴィッド)」の提案など、北海道民の生活に密着した商品やサービスを提供している。
 昨年12月には総合エクステリアメーカーの日江金属(本社・江別市)がグループの一員に。同社の主力商品は、道内ナンバーワンのシェアを持つカスケードガレージ。リフォームの際に「ガレージなどのエクステリアをリフォームしたい」という要望に今まで以上に応えられるようになった。
 日江金属は江別市内に3つの工場を持ち、部材加工や成形まですべて自社施工。
雪の多い地域で育まれ垂直積雪量1~2・5メートルに対応するなど頑丈な設計が自慢。10万棟の施工実績を誇る。
「カスケード(滝の流れる状態)」の名称どおり、類い希な技術力を生かした流れるような曲線のフォルムも特徴的。経済産業省(現在は日本デザイン振興会)が選定したグッドデザインに複数のシリーズが選ばれているほか、ロングライフデザイン賞も受賞。もちろん軒下の凍結防止、雪や氷の巻き込み防止、高耐用性など機能も申し分ない。
 ラインアップも豊富で、軽自動車から大型特殊車両まで対応。カラーや形状も多彩でカーポートもラインアップするほか、車両の大きさに合わせたり、物置と一体化させるなど、オーダーメードガレージの製作にも定評がある。
 多目的倉庫やプロパン庫、物置、ごみ集積庫などカスケード工法を活用したガレージ以外の製品も充実。近年では、カスケードガレージをひとつの素材として自分のための趣味のスペースに活用する方法が注目を集め、首都圏の展示会など道外でも好評を博している。
 こうした技術は、同社が屋根や壁工事の板金業者が集まって設立された企業ならではのもの。ルーフヒーティング、屋根融雪ダクト、雪庇防止フェンスといった、毎日の生活をより快適にする住宅関連製品も多彩にそろえている。同社をグループに迎え北海道エア・ウォーターのリフォームメニューは一層拡充。幅広い要望にワンストップで対応できる体制が整っている。

基本データ

企業名:
北海道エア・ウォーター
住所:
札幌市中央区北3条西1丁目2番地
TEL:
011・212・2807
URL:
http://www.hokkaido-awi.co.jp
住まい:リフォーム