「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 北海道エア・ウォーター 

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道エア・ウォーター 
取材日:2016年2月

写真大 VIVIDOはコンパクトなので置き場所にも困らない

写真 ご当地WAONカードを無料でプレゼント 写真 配管もスッキリ。LPガス収納庫は全11色あり外壁の色に合わせて選べる

全国初。ガス利用に応じてWAONポイントを付与

 道内一般家庭の光熱費で、もっとも比率が高い暖房費。その割合は50%。同じエネルギーを用いることも多い給湯を含めるとなんと75%だ。
 いかに給湯と暖房のランニングコストを抑えるか頭を悩ませるところだが、北海道エア・ウォーターが販売するハイブリッド給湯暖房システム「VIVIDO(ヴィヴィッド)」の評判がいい。2009年に発売され、設置総数は2000台を突破。道内新築戸建て物件の約5%に採用されているほか、リフォームの際にも導入する家庭が増えており、シェアは右肩上がりを続けている。
「VIVIDO」を語る上で外せないのがLPガスと電気の〝いいとこ取り〟だ。屋外の空気熱を取り込むヒートポンプ式暖房と、LPガスの高効率ガス給湯暖房機「エコジョーズ」を世界で初めて組み合わせており、自動的に効率の高い暖房運転を実現。「北海道の暖房を変えた」とまで言われるほど高い経済性、快適性、環境性を誇っている。
 また北海道エア・ウォーターでは、家庭用エネルギーの購入額に応じて「WAONポイント」を付与する全国で初めてのサービスを昨年秋から開始した。
 同社は「北海道に暮らす人々の生活を便利に、豊かにしたい」との思いから、今から60年前に北海道で初めてLPガスを導入。また全国に先駆けて、LPガス料金原料費連動調整システムを採用するなど、フラッグシップカンパニーとして道内LPガス業界を牽引してきた。現在も直販顧客が約20万世帯おり、道内に1200あるLPガス販売会社の中核を担っている。
 同社では「全国的に見て北海道は光熱費に関してとても敏感ですから、家計を預かる主婦層には特に今回のサービスは喜ばれています」と語っている。
 VIVIDOの導入でランニングコストを抑え、さらにWAONポイントで家計が助かる。まさに〝いいとこ取り〟だ。

基本データ

企業名:
北海道エア・ウォーター
住所:
札幌市中央区北3条西1丁目2番地
TEL:
011・212・2807
URL:
http://www.hokkaido-awi.co.jp
住まい:リフォーム