「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 函館ファミリークリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

函館ファミリークリニック
取材日:2015年1月

写真大 4000坪の敷地に介護療養施設を建設中

写真 桑原広昌院長 写真 住慶クリニックの川上恒生院長 写真 小児科の広いプレイルーム 写真 「住慶の郷」の敷地内に大型介護施設を開設予定

函館に開院した子どもから 高齢者まで全世代が通うクリニック

 1月に開院した「函館ファミリークリニック」は、子どもから高齢者まで地域の全世代を診療する1次医療の役割を担っており、通院が困難な高齢者への訪問診療もおこなっている。医療機器はCTなど最新のものをそろえ、手術が必要なケースや専門性が高い疾患は、提携する函館市内の各病院へ紹介。地域に根ざした医療を提供している。
 同院が位置するのは、人口の増加が著しい函館市・桔梗地区。内科や小児科が不足していると言われる同地区での開院を住民も喜んでいる。今後は、消化器内科や整形外科なども設置する意向だ。
 向仁会は函館を中心に、介護療養型医療施設などを数多く運営。高齢者向け介護・医療の担い手として知られるが、かねてから阿部智哉理事長には「地域包括医療は高齢者だけではなく、子どもも含めた医療の提供が必要」という持論がある。この考えに小児医療の専門家である3人の医師が賛同し、交代で出向き診療することで小児科開設が実現した。また、設備も充実させ、待ち時間も楽しめる広いプレイルーム、子ども用トイレなどを完備している。
 7月には向仁会の中核施設である介護療養型医療施設「住慶の郷」(188床)の機能を敷地内に移転。ユニット型介護療養施設として開設する予定。クリニックと施設を渡り廊下でつなぎ、在宅介護が難しい高齢者の受け入れもおこなう。さらには、保育園やサービス付き高齢者向け住宅、ドラッグストアの誘致なども視野に入れているという。
 なお、在宅復帰を進める国の政策に対応するため、住慶の郷は施設を拡充し、90床の有料老人ホームと90床のサービス付き高齢者向け住宅、デイサービス、クリニックを併設した大型介護施設として9月にオープンさせる。

基本データ

企業名:
函館ファミリークリニック
住所:
函館市桔梗町1丁目14‐1
TEL:
0138・34・6600
URL:
http://kojinkai1968.com/