「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 中江病院

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

中江病院
取材日:2017年7月

写真 来年は開院70年の節目を迎える 写真 チーム体制で治療にあたる

精神疾患に特化。認知症診断を開始し、治療体制を拡大

 うつ病や統合失調症など、さまざまな精神疾患の治療をおこなっている「中江病院」。高齢化やストレス社会を背景に、精神科に対するニーズが多様化する中、新たな診療体制の構築に着手している。
 4月に開設した「もの忘れ外来」はその1つ。認知症の早期発見が目的だ。小林清樹院長を中心に札幌医科大学附属病院の専門チームと連携し、診断を実施するほか、11月には「認知症治療病棟」を開設予定。さらなる治療体制の充実を図る。
 また、うつ病や適応障害などに対応した「ストレスケアセンター」も設置。中江重孝名誉院長を中心に臨床心理士、作業療法士などがチームを組んで治療にあたっている。
 院内設備では、うつ病を数値とグラフで表して〝見える化〟する「光トポグラフィー装置」を導入。装置を頭部に装着し、大脳皮質の血中ヘモグロビン濃度を計測するものだ。この検査結果と問診を組み合わせることで、うつ病の早期発見と回復が見込めるという。

●診療科目
精神科、心療内科、内科

●診療時間
月~木 9:00~11:30
    13:00~16:00
金~土 9:00~11:30
(土曜は第1・3のみ)

●休診日
日曜・祝日

基本データ

企業名:
医療法人社団心優会 中江病院
住所:
札幌市北区北22条西7丁目2-1
TEL:
011・716・7181
URL:
http://www.shinyukai-r.or.jp/nakae/