「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 中和石油

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

中和石油
取材日:2016年4月

写真大 全道に約40カ所のサービス拠点があり安心

写真 杉澤謙次郎社長 写真 故障や事故などの予期せぬ出費も心配ない

出費は新車の4割減。中古車リースでさらなる経費削減

 広い北海道においてビジネスに自動車は欠かせない。しかし車両購入費や維持費も安いわけではない。いわば固定経費と考えられていた車両費を大幅に削減できるのが中古車カーリースだ。

 中和石油は、この中古車カーリース事業を2006年に開始。現在では法人を含め約400台が稼働中で、認知度の高まりとともに利用する法人が拡大している。

 08年には「ちょいのり」でおなじみの12時間レンタカーも展開。必要な時だけ2500円(軽自動車は2400円)から利用でき、出費は通常のレンタカーの半額以下。常時、車を使用しない企業にとっては経費を圧倒的に削減できると評判のサービスだ。

 車両の使用頻度が多い企業には中古車リースが最適だ。契約には車両費用はもちろん、車検費用、自動車税、自賠責保険料、オイル・バッテリーなど消耗品の交換、夏・冬タイヤなども含まれ、軽自動車で月額1万5000円から。コンパクトカーや商用バンでも2万円前後と業界最安値。新車に比べなんと約4割も安い。

 頭金・登録諸費用は不要で、契約期間も新車の5年(60回)から2年(24回)へ短縮できるなどフレキシブルな経営が可能。さらに、メンテナンスや車検、事故処理や故障といった車両管理業務から解放される点も見逃せない大きなメリットだ。経営効率化を図るうえで中古車カーリースは常識となりつつある。

 1954年創業の同社は、60年以上にわたり北海道のカーライフと暮らしのエネルギーを支えてきた地場企業。充実したメンテナンスサービスが付いているのが他社にない特徴だ。全道にサービスステーションを40カ所を有し、整備履歴などの情報を共有。道内最大クラスの整備ネットワークでサポートするため、中古車であることの不安は全くない。

 また、事故などの際に利用できる救援サービス、引き取り納車、修理期間中の代車サービスも付帯。給油で1㍑3円引きとなる特典もあるなど、さらなる経費の削減も可能となっている。

「自動車は先行投資となりますから、業容拡大で増車する時などの費用圧縮にカーリースは最適です。例えば営業部員の変動が多い業種や工事現場がなくなると車両が余ってしまう建設業などで活用される企業が増えています」と同社の担当者は語る。このほか多額の先行投資ができない個人事業主、転勤先や単身赴任先での利用などにも適している。 

基本データ

企業名:
中和石油
住所:
札幌市中央区南1条西9丁目1008番地
TEL:
011・511・1109
URL:
http://www.chuwa.ne.jp
経営サポート