「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 三王建設興産

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

三王建設興産
取材日:2017年2月

写真大 札幌市西区西野8条5丁目に誕生するモデルハウス

写真 写真 無垢材を用いたフローリング。木の優しさが伝わってくる(写真はイメージ) 写真 「kito木都(キト)」のモデルハウスは4月末公開予定

木と自然の温もりと暮らす家「kito木都」誕生

 1964年の創業以来、自社施工にこだわり続ける三王建設興産。札幌でいち早く太陽光発電を住宅に取り入れるなど、最新技術の施工実績も豊富だ。
 完璧な対応ができるよう片道60分以内に施工エリアを限定。札幌市西区を中心に地域密着型で新築およびリフォームを手掛けている。気候や風土を熟知しているため、快適性に優れた住宅を提供。ここ数年は省エネルギー基準を満たした、低炭素社会に適合した技術開発にも高い評価が集まっている。
 そうした中、新コンセプトの住宅が生まれた。それが「kito木都(キト)」だ。テーマは〝「木」と自然のぬくもりと暮らす家〟。家全体が木のぬくもりと香りに包まれ、家族を見守る。そんな住宅になっている。
 特徴の1つが、自然素材を贅沢に採用している点。木のあたたかみを感じる無垢材のフローリングは裸足で歩きたくなる心地よさがあり、職人の手による丁寧な塗り壁には心がやすらぐはずだ。四季を通して快適に過ごすことができるだろう。
 また、玄関に設けた土間スペースはペットと散歩に出かけたり、趣味などにも活躍。土の自然豊かな表情が、家族をあたたかく出迎えてくれる。
 リビング・ダイニングにはウッドデッキも設置。たっぷりの日差しが差し込み、室内を明るく照らしてくれるだけではなく、ティータイムやバーベキューなど家族の団らんも演出してくれる。
 同社では、4月末に「kito木都」のモデルハウスを札幌市西区西野8条5丁目にオープンする。木都ならではの趣向がふんだんに取り入れられており、玄関から続く大きな土間は使い勝手が抜群。
キッチン横にはパントリーを配置するなど機能性へのこだわりも多彩だ。また2階には、天井を高くしたハイサイド(高窓)を採用し明るい日差しが差し込む工夫が。あえて木の構造体を見せることでぬくもりと優しい印象を与えている。ぜひ訪れて実物を体感してほしい。 

基本データ

企業名:
三王建設興産
住所:
札幌市西区西野2条2丁目5‐7
TEL:
011・661・1551
URL:
http://www.sanoh-home.co.jp/
住まい:一戸建て