「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 三王建設興産 

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

三王建設興産 
取材日:2016年2月

写真大 「収納じょうずなママの家」は4月29日にモデルハウスがオープン

写真 家電が全て収まる収納扉でスッキリ見えるキッチン 写真 モデルハウスは西区西野6条4丁目で公開予定

収納充実。ママ視点で設計されたモデルハウス第2弾

 札幌市西区を中心に地域密着で新築・リフォームを手掛けてきた三王建設興産。施工エリアを片道60分以内に限定するなど、地域の気候風土を熟知した同社ならではの住みやすい家に、高い評価が寄せられている。
 1964年の創業から50年以上にわたり一貫した直営施工。札幌でいち早く太陽光発電を住宅に取り入れるなど最新技術の施工実績も豊富で、省エネルギー基準をクリアし、低炭素社会に適合した住宅技術の開発にも注力している。
 最近では、少子化時代にふさわしい子育て住宅「子育てママの家」を提案。100人以上の若い子育て世代の母親の意見を取り入れ、間取りや価格など、ライフスタイルに合わせた8プランを用意。2020年の省エネ基準もすべてクリアしており、ハードとソフトを高次元で両立した理想の住まいとして好評を博している。
 これに続き4月29日には、ママ世代向けモデルの第2弾となる「収納じょうずなママの家」のモデルハウスを西区西野6条4丁目にオープンする。
 同モデルは、フリーマガジンの「mamasuma」(ママスマ)とのコラボレーションにより、収納に関する「使いにくい」「スペースがもっと欲しい」といった若い主婦層の声に応えた設計となっている。
 例えば、母親がいる時間が最も長いキッチンには、炊飯器などの家電が全て収まる収納扉を設けたほか、大型のストックを設置してゴミ置き場にも工夫を凝らすなどスッキリと使える工夫がふんだんに盛り込まれた。
 また、玄関にはベビーカーや三輪車の格納スペースを配置。1階脱衣所前には多目的ウォークイン収納を配置して衣類をストック、着替えも楽にできる。
 2階には各室の収納に加え、ホールに大型の収納を設置するなど、多様な収納シーンを想定したスペースが随所に設けられており、見どころ満載のモデルハウスとなる予定。子育て世代には必見だ。

基本データ

企業名:
三王建設興産
住所:
札幌市西区西野2条2丁目5-7
TEL:
011・661・1551
URL:
http://www.sanoh-home.co.jp/
住まい:一戸建て