「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 三愛地所

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

三愛地所
取材日:2018年1月

写真大 「ECOの街ソレイユ」のモデルハウス(パース)

写真 明るく広い間取りが特長(現地モデルハウス) 写真 「ECOの街南はなかわ」のモデルハウス(パース) 写真 「発寒南駅前ザ・ウィングス」(パース)

ECO設備を標準仕様とするモデルハウスを公開中

 三愛地所は、創業以来57年にわたり札幌圏を中心に、戸建、マンション、リフォーム、宅地を含め、住まいの総合デベロッパーとして実績を重ねている。
 戸建住宅に関しては、在来工法とツーバイフォー工法の利点を生かした「木造新在来工法」を確立。自由な設計で幅広いニーズに応えるほか、地震など災害にも強いと好評で、現在は札幌市内、石狩市で新しいモデルハウスを公開している。
「ECOの街ソレイユ」(札幌市北区拓北4­‐2)は、JR学園都市線・拓北駅に徒歩9分の立地。南向きにバルコニーを配した外観で、ユーテリティーへの出入りがスムーズな回遊式の動線など、家事効率アップにつながるつくり。
 また、「ECOの街南はなかわ」(石狩市花川南9­‐1)は、各所に暮らしやすさのアイデアをプラスしているのが特徴。4月から5月にかけて6棟を売り出す予定となっている。
 いずれもトリプル断熱を取り入れた構造で、ガスによって電気と熱を同時につくり出す省エネシステム「コレモ」を標準設備。これによる電気代、ガス代の節減も魅力の1つだ。いずれも現地モデルハウスがあるので見学したい。
 マンションでは、好評シリーズのル・ケレスの1つ「発寒南駅前ザ・ウィングス」(西区発寒3‐­6)を販売中。2LDKから4LDKまで8タイプの全85室は、暮らしやすさと機能性をポイントにしており、長く愛着を持って住み続けられる快適空間となっている。耐震性はもとより、耐久性の高い構造で、防音・断熱面も高性能。アクセスも地下鉄東西線「発寒南」駅から徒歩3分で、大通まで所要13分という利便性の良さも注目だ。こちらも現地モデルルームを公開中。入居予定は19年3月からとなっている。
 戸建住宅、マンションとも詳細はフリーダイヤル0120・303・601まで。

基本データ

企業名:
三愛地所
住所:
札幌市東区北32条東7丁目
TEL:
011・721・6226
URL:
http://www.san-aijisyo.co.jp
住まい:一戸建て