「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 三愛地所

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

三愛地所
取材日:2017年8月

写真大 モデルハウス(石狩市花川南9-1)

写真 分譲住宅地ECOの街「ソレイユ」 写真 ECOの街ソレイユの販売分譲区画図 写真 アクセスマップ

未来型エコロジータウン「ソレイユ」の販売を開始

 三愛地所(大畑裕義社長)は札幌市北区拓北で建築条件付き宅地の販売を開始した。 
 場所はJR学園都市線・拓北駅に近い拓北3~4条2丁目の一帯。全30区画の中の18区画で、街区名は「ECOの街・ソレイユ」。
 全戸にはガスマイホーム発電「コレモ」と省エネ型給湯暖房機「エコジョーズ」を標準装備。ガスエンジンで発電し、その際発生する熱を暖房に利用するなど、年中ムダのない効率の良いエネルギー活用により省エネライフを実現。余剰電力は売電することもできる。
「未来型エコロジータウンと位置付け、快適で環境に優しい暮らし、エネルギー活用の街づくりを目指していただけると思います」とは同社戸建事業部の佐野公祐主任。
 販売区画はいずれも170平方メートル前後(50坪台)で、最多価格帯は500万円台。アクセスも徒歩約9分の位置にあるJR拓北駅から乗車するとJR札幌駅までは約22分。地下鉄東豊線「栄町」駅へも徒歩とバスで20分程度だ。
 近隣には保育園、幼稚園、小中学校、内科や小児科医院、歯科医院、スーパーマーケット、郵便局、コンビニなどがあり、1駅先には北海道医療大学病院も立地している。
 区画内には現地案内所を開設しており、年内にはモデルハウス3棟を建築する予定。現地スタッフが、エコハウスの先進設備を解説。プランの相談にも応じている。
 同社では10月末まで「秋のキャンペーン」を実施中。あいの里会場(北区あいの里4‐3)、南沢会場(南区南沢4‐2)、手稲会場(手稲区前田4‐11)、花川会場(石狩市花川南9‐1)の4カ所でモデルハウスを公開しているのでぜひ見学を。
 詳細は、フリーダイヤル0120・303・601まで。

基本データ

企業名:
三愛地所
住所:
札幌市東区北32条東7丁目
TEL:
011・721・6226
URL:
http://www.san-aijisyo.co.jp
住まい:一戸建て