「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ロット

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロット
取材日:2016年7月

写真大 大野 徹 社長 おおの・とおる/1984年函館市生まれ。函館工業高校、函館大谷短期大学を経て北翔入社。2014年にロットを設立。

騒音の出ない〝静かな解体〟を道内建設現場に普及

「手に職をつけ、目に見える形で人の役に立ちたかった」と12年前、アパレル業から建設業に飛び込んだ。
 一昨年、建築資材などを販売する北翔(本社・札幌市、薄利英社長)から独立し特殊解体業のロットを創業した。橋やビルなどコンクリート構造物の解体を専門におこなっている。
「解体というと、重機などを用いた派手な破壊をイメージしがちですが、当社はドイツ・ヒルティ社製の特殊なカッターを用いて〝切断による破壊〟をおこなえる道内でも数少ない企業です」
 切断工法は騒音が小さいため、オフィス街での工事などで活用されており、東京など首都圏では〝静かな解体〟として注目を集めている。
 特に建物の一部を取り壊す場合にも有効。ドリルなどの破壊時に生じる「マイクロクラック」と呼ばれる周辺部へのひび割れがないため、既存の建物を生かす工事にも用いられている。
「道内では歴史的な建物や北海道庁本庁舎の免震化工事にも当社の工法が採用。実績を積んでいます。道内の全ての建設現場に、最新の工法を広めていきたい」

基本データ

企業名:
ロット
住所:
札幌市豊平区平岸6条14丁目2‐9 高台ストアービル1階
TEL:
011・876・8062
企業特集:注目の次世代リーダー