「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ルート企画設計

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルート企画設計
取材日:2015年8月

写真大 木材の通し柱を強度の高い鉄骨柱に変更。接合部分への工夫はまさに匠の仕事

写真 スーパーコラム工法の施工例

地震に強い狭小地住宅を提案緻密な計算で広い空間も創出

意匠系の設計事務所とは一線を画し、住宅の構造体の質を追求する。何より安全性を最優先。耐震性に優れた家づくりを推し進めている1級建築士事務所だ。
 2013年には8年の構想を経て「トップコラム工法」を開発。これは、都心部の狭小地に量産されている木造3階建て住宅を危惧し、世に送り出したもの。澤橋善明社長は「一般的な木造3階建て住宅は地震に弱い。耐震等級2を獲得していても、震度6強で倒壊する可能性があります」と警鐘を鳴らす。
 同工法の特徴は、在来工法で用いられる木材の通し柱を強度の高い鉄骨柱に変更したこと。木材と鉄骨の接合部分に工夫を施し、周辺木材にフィットさせることに成功した。「一般的な木造3階建てに比べて通し柱の強度は4倍。倒壊する心配はない」と語る。
 こうした緻密な構造計算があるからこそ、柱の少ない広い室内も創出できる。狭小地住宅には最適といえるだろう。
 現在、札幌市東区北13条東1丁目に同工法の建て売り住宅を建設中。安心・安全な住まいを見学してみてはいかがか。

基本データ

企業名:
ルート企画設計
住所:
札幌市中央区北1条東8丁目湯谷ビル3階
TEL:
011・281・4410
URL:
http://www.rootkikaku.com/
住まい:一戸建て