「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ランドマーク・アメニティ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランドマーク・アメニティ
取材日:2018年3月

写真大 「光」と「反射」を巧みに取り入れた企画物件

写真 LED照明で柔らかな光に包まれたエントランス 写真 スタイリッシュなデザインの企画物件

〝計画通りに賃貸運営をさせる〟長期所有を前提とした企画

 札幌の賃貸における人気エリアは、なんと言っても〝駅近〟。無論、競合物件は多いが、他社に先駆けていち早く満室になるなど、的確な新築企画をおこなっているのがランドマーク・アメニティだ。
 同社では「土地選定」「デザイン」「家賃設定」の3大要素をピンポイントで抑えた企画物件を提案し、市内の賃貸市場を熟知した地場オーナーから高評価を獲得している。
 土地の仕込みは、地下鉄徒歩圏が基本。その上で「駅の近くは家賃設定を適正におこなえば、物件が古くなっても入居者を継続的に確保できる」(今野達也社長)との考えに基づき、徹底したマーケティング調査を実施。地価の動向など将来性も考慮する。
 デザインや仕様に関しては、物件をシリーズ化するのではなく、その土地の特性や入居者ターゲットを絞り込んでプランニング。外観をはじめ、間取りや内装デザイン、設備などすべてがオンリーワンだ。室内はもちろん、外観やエントランスのデザイン性の高さは同社の真骨頂。写真を見てもわかるように、特に「光」による演出が得意だ。
 入居者ニーズを的確に把握するため、仲介業者との連携も欠かさない。防犯カメラや宅配ボックス、インターネット無料といった人気設備に資源を集中。入居者ターゲットが明確だからこそ、設備・仕様に一切の無駄はなく、効率的に建築コストを抑えている。
 こうしたメリハリのある企画によって、机上の利回りに左右されない現実的な家賃設定が可能となる。2回り目以降も高い入居率を誇っている。
「計画通りに運営させなければ、当社の存在意義はない。長く持っていただける資産価値の高いものを提供します」と今野社長。
 安定的に運営するには日々の管理も重要だが、完成後も同社の管理部門がサポート。また、中古収益物件の売買仲介も手がけており、オーナーのあらゆるニーズに対応している。

基本データ

企業名:
ランドマーク・アメニティ
住所:
札幌市豊平区西岡4条13丁目1-14
TEL:
011・581・0101
URL:
http://kk-landmark.co.jp/
アパート経営