「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > マサル不動産

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

マサル不動産
取材日:2017年8月

写真大 築年数の古い物件も空室対策で稼働率を上げる

写真 福士 昭部長

建て替えもお任せ。オーナーの出口戦略も徹底サポート

 築20年以上の物件を中心に、堅実な管理で高入居率を維持するマサル不動産。
「老朽化が空室の原因ではない」と菊地勝裕社長は断言し、的確な空室対策で他社では歯が立たなかった〝難あり物件〟も満室へと導いている。
 古い物件の管理が多いからこそ、同社には出口戦略の相談も多く寄せられ、売却や建て替えなど、あらゆる方法を検討する。 
 ローンが完済していて、後継者がいれば、同社では建て替えも推奨。戸数が稼げないファミリータイプでも利回り10%超えが可能となるケースもあるほか、単身物件なら利回り12%越えも現実味を帯びるという。
 もちろん、見かけの数字ではなく、現在の市況に応じた現実的かつ堅実なプランを提案。あらゆるニーズに対応する同社は、オーナーにとって心強い存在だ。

福士 昭部長
「当社のスタッフ全員が賃貸仲介の経験者で、入居者ニーズに沿った提案が可能です。また、大手管理会社の1人あたりの担当戸数が1000~1500戸なのに対し、当社は1人200~300戸が上限。行き届いた管理が可能です。物件ごとに専任体制で、担当者の直通番号をオーナー様に伝え、密に連携しています。」

基本データ

企業名:
マサル不動産
住所:
札幌市北区北34条西3丁目 マサルビル1階
TEL:
011・717・5550
URL:
http://www.masaru34.com/
アパート経営