「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ボストン・サイエンティフィック ジャパン

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボストン・サイエンティフィック ジャパン
取材日:2016年4月

写真大 完全皮下植込み型除細装置

写真 同社が入居する「札幌北スカイビル」

国内初の完全皮下植込み型除細装置を販売

 医療機器の輸入や製造・販売などを手がけている「ボストン・サイエンティフィック ジャパン」(本社・東京都中野区)が、致死性の不整脈治療に有効な、国内唯一の完全皮下植込み型除細動器システム(S―ICD)の販売を2月から開始した。
 これまで、致死性の不整脈に対しては主にデバイス本体を前胸部皮下に植込み、静脈を経由してリード線を心臓内に留置する「経静脈ICDデバイス」が使われてきた。しかしこの治療法では感染症や耐久性の面でさまざまなリスクもあった。
 そんな中「S―ICD」は、完全な皮下植え込み型で、脇の下に植込まれた本体と、皮下に留置された1本のリードを使って、電気ショックによる救命治療を実践する新型の機器。本体とリードが心臓や血管に触れないため、合併症の発生率が少ないという利点がある。
 そのほかにも、リード交換や常に心拍動にさらされることがないためリードの断線も少ないなど、メリットが多いのが特長だ。

基本データ

企業名:
ボストン・サイエンティフィック ジャパン
住所:
札幌市北区北7西5 札幌北スカイビル7階
TEL:
0120・886・899
URL:
http://www.bostonscientific.jp
シニアライフ