「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ベンチャーパートナーズ総合会計事務所

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンチャーパートナーズ総合会計事務所
取材日:2017年10月

写真大 東 岳夫 あずま・たけお/1994年北海学園大学卒業後、金融機関や税理士事務所、会計事務所に勤務。2003年税理士登録後、独立開業。09年行政書士登録。11年に仙台事務所、15年には東京事務所を開設。

写真 起業から経営全般まで幅広く対応する経験豊富なコンサルタント

全国トップクラスの実績。充実の支援体制で起業家をサポート

 会社を設立するには資金が不可欠。起業後すぐに事業が軌道に乗るとは限らず、キャッシュをできるだけ手元に残しておきたいのが起業家の本音だろう。
 しかし、株式会社の設立を行政書士事務所などに依頼すると、認証印紙代や代行手数料などで合計30〜35万円程度が必要となる。自分ですべての手続きをおこなったとしても、登記申請の際に必要となる登録免許税などで24万1900円がかかる。
 そこで紹介したいのが起業支援特化型の税理士事務所「ベンチャーパートナーズ総合会計事務所」だ。同事務所が提案する設立プラン「会社設立MAXプラン」は、15万1999円で会社設立を代行してくれる。自分で手続きするよりも約9万円も安い料金設定となっている。
「1円でも多く資金を残してもらいたい」という方針でこの料金を設定した東岳夫代表は「起業は人生の大きな決断。成功への期待の反面、当然リスクもあります。リスクへの不安を少しでも取り除き、事業運営に集中できるよう全力でサポートしたい」と熱く語る。
 同事務所は、税理士と行政書士の資格を有する東代表が2003年に開設。「起業家支援こそ自らの責務」との開設当時の想いを貫き、これまでに全国で5000件以上の起業支援をおこなってきた。起業支援数は全国でもトップクラス。社名の通り、〝ベンチャー企業のパートナー〟になっている。
 高い実績の要因は、単に低料金だからではない。むしろ、起業後の支援を充実させていることが同事務所の最大の売りだ。経営コンサルティングをはじめ、融資サポートや助成金および補助金コンサルティング、許認可申請など、さまざまな案件に「ベンチャーパートナーズ行政書士事務所」「ベンチャーパートナーズ社会保険労務士法人」「アズマビジネスセンター」などグループが一体となってバックアップ。新米経営者と二人三脚で事業の成長・発展を目指している。
 多くの起業をサポートしてきたからこそ、創業当初のトラブルや課題についても熟知しており、経営全般を的確にアドバイスすることができる。ほとんどの経営者が会社設立後も顧問契約を継続しているのは、経営のパートナーとして信頼している証左と言えるだろう。
 起業家予備軍に対しても万全のサポート体制を構築。無料相談を随時受け付けている。

基本データ

企業名:
ベンチャーパートナーズ総合会計事務所
住所:
札幌市中央区大通西17丁目1番地2 VPセンタービル
TEL:
011・615・8292
URL:
http://www.abc-tax.co.jp/
士業