「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ハートランドフェリー

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハートランドフェリー
取材日:2017年12月

写真大 2017年5月に就航した「カランセ奥尻」

インバウンド増加を推進力に、離島航路の維持に全力

 稚内市~利尻・礼文島、江差・せたな町~奥尻島間に定期航路を開設。幅広い世代で快適な船旅ができるように、昨年5月に就航した新造船「カランセ奥尻」は横揺れ防止やバリアフリー化をした。ベビー、キッズ、レディース、ペットなどの専用ルームを設けた。
 また、高齢化や人口減少に悩む離島を活性化させるため、インバウンド誘致にも注力。予約発券システムやカード決済などIT化を進め、待合室・船内放送の多言語化やピクトグラム(絵文字)化をおこなった。
 さらに、ソフト面でも社員の語学研修のほか、自治体・観光協会と連携して留学生や海外の有名ブロガーの招待、イベントの企画をおこなうなど、船会社の枠を超えて誘致に取り組んだ。
 他の観光地に比べ出遅れていた離島のインバウンド戦略だが、こうした積極的な対応の結果、17年上半期のインバウンド客は前年比41・6%増となった。アジアはもちろん、北米や欧州からの利用もあった。
「〝離島の足〟を支えるのが社命。あらゆる手段で航路維持に全力を尽くしていきます」と蔦井孝典社長。

基本データ

企業名:
ハートランドフェリー
住所:
札幌市中央区北3条西3丁目 札幌北三条ビル12階
TEL:
011・233・8010
URL:
http://www.heartlandferry.jp/
企業特集:好調企業の推進力