「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ニトリホールディングス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニトリホールディングス
取材日:2018年3月

写真大 期末の店舗数は国内外合わせて523店舗

写真 似鳥昭雄会長 写真 Nクール、Nウォームなどの自社開発商品がヒット 写真 中国の出店を加速 写真 小商圏フォーマットの「デコホーム」

国内外合わせ500店舗を突破。中国出店を加速し成長に拍車

 咋年12月に創業50周年を迎えた国内最大手の家具・インテリアチェーン。開業以来「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」というロマン(大志)を胸に、常識にとらわないチャレンジを継続してきた。商品企画や原材料の調達、製造・物流・販売に至る一連の過程を、グループ全体でプロデュースする独自のビジネスモデル「製造物流小売業」を確立。全国屈指の企業へと成長を遂げた。
 例えば商品開発においては、特に機能性商品が絶好調。接触冷媒素材を使用した「Nクール」や吸湿発熱素材を使用した「Nウォーム」シリーズ、ベッドマットレスの「Nスリープ」などヒットを連発している。
 店舗面では「ニトリ」のほか、小商圏フォーマットの「デコホーム」、ホームファッション中心の新小型店フォーマット「ニトリEXPRESS」と3業態を展開。2018年2月末時点の国内店舗数は昨年比で39店増の467店。中国への積極的出店もあり海外56店と合わせ、総店舗数は523店舗とついに500店舗を突破した。
 これらの結果、18年2月期決算は、売上高が5720億6000万円(前年同期比7・3%増)、経常利益が933億7800万円(同6・0%増)、当期純利益が642億1900万円(同5・9%増)となり、連続増益増収を31期に更新。売上高と当期純利益は過去最高を更新した。
 似鳥昭雄会長は「昨年は空白エリアだった首都圏へのドミナント出店を続けてきたが、今後は中国で毎年20~30店舗の出店攻勢をかけていく」と意欲的。
 昨年3月、JRタワーエスタにオープンした全国1号店のニトリEXPRESSに続き、札幌圏でデコホームの出店も検討しており、ニトリとの差別化で幅広い客層の獲得も目指す。
 新たな試みも矢継ぎ早に導入。物流においてはAI(人工知能)搭載の次世代型自動搬送ロボットや、コンテナ内の商品の積み降ろし作業負荷を軽減するデバンニングアシストマシーンが本格稼働。人件費上昇など高騰するコストの抑制を図っている。またスマホアプリ「手ぶらdeショッピング」の導入やネットショッピングなどのeコマース分野も拡充。快適なショッピングを提供し、次期も増収増益を見込んでいる。

基本データ

企業名:
ニトリホールディングス
住所:
札幌市北区新琴似7条1丁目2‐39
TEL:
011・330・6200
URL:
http://www.nitori.co.jp
企業特集:飛躍へ向けた次の一手