「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ニチロ畜産

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニチロ畜産
取材日:2018年4月

写真大 札幌工場敷地内にある直売店「さっぽろ西町ハム工房」

写真 菊池英夫社長 写真 営業時間は午前10時から午後6時まで。駐車場7台完備 写真 事業所の分布図。名寄、十勝、札幌から食肉・加工食品を流通する 写真 さっぽろ西町ハム工房限定の商品

「大切な人に自信をもってすすめられる商品を…」を掲げ、北海道に貢献

【乳用牛を価値ある製品に加工し、全国へ流通】
 北海道の基幹産業である1次産業を活用し、食肉事業、畜肉加工事業、直販事業の3つの事業を手掛けるニチロ畜産。
「大切な人に自信をもってすすめられる商品を…」をビジョンに、北海道産牛肉を価値ある製品にするため、と畜から加工・製造、販売までを一貫しておこなっており、北海道で加工された商品を全国へと流通させている。
 設立は1975年だが、日魯漁業(現マルハニチロ)畜産部門の拠点として工場が開設されたのは61年。以来、紋別や名寄、十勝(芽室町)などに工場を新設する一方、札幌市内での製造・販売を強化。ハム・ソーセージを代表とするさまざまな加工食品を各家庭の食卓に届けてきた。
 現在はマルハニチログループの一員として、「本物・安心・健康な『食』の提供を通じて、人々の豊かなくらしとしあわせに貢献します」というグループ理念にそったCSR経営を推進。
「地域社会に食を通じて貢献し、北海道になくてはならない、信頼され社会から必要とされる食品会社を目指す」と菊池英夫社長は語る。

【3つの中核事業で、全国に〝食〟を提供】
 同社は食肉・畜肉加工・調理加工を中核事業としている。
 食肉事業は酪農家が搾乳し終えた乳用牛を使用して食肉に加工する事業。北海道では年間6〜8万頭の乳牛が食肉市場へ出荷されているが、そのうち約3割を同社が買い入れている。総数は年間約2万6000頭。これは全国の約2割を占めており、民間企業としてはトップシェアを誇っている。主に名寄工場で、と畜して加工し、十勝工場では枝肉を食肉に加工。大半は国産のひき肉として本州方面へ出荷、流通させている。
 畜肉加工事業はハム・ソーセージ類、味つけ肉類を中心に札幌工場で製造し、主に道内で販売している。代表的な商品としてはバイキングウインナー、昔ながらのウインナー、ボロニアソーセージ、ベーコンなどの市販用チルド商品と「札幌やわらか焼肉ジンギスカン」や「名寄煮込みジンギスカン」などの市販用味つけ肉商品がある。
 調理加工事業では、市販用冷凍食品のソースカツ、ハンバーグ、シュウマイのほか、介護食品などを取り扱う。マルハニチログループへのOEM商品として札幌工場で製造し、同グループへ販売。丁寧につくられた味わいの深さが全国の消費者に喜ばれている。
 2010年10月には、札幌工場敷地内に直売店「さっぽろ西町ハム工房」を地域密着型店舗としてオープン。直販事業を本格的にスタートさせた。
 同店の人気商品は「さっぽろ西町ハム工房シリーズ」のハム・ソーセージ。創業以来培ってきた技術でつくり上げた「さっぽろ西町ハム工房シリーズ」はここでしか販売していない限定商品だ。
 道内産原料にもこだわり、名寄市・北名ファームの高オレイン酸、ビタミンEが豊富な北海道産「ひまわり油搾り粕」をエサに加え、良質な環境で育てられた「ひまわり畑ポーク」を加工してつくりあげる。本格的な味わいで「豚肉本来の味が楽しめる」と好評だ。
 このシリーズ商品は、家庭で食べられているのはもちろん、中元・歳暮などの贈答品としても人気を集めている。

【道産牛肉の価値向上に向けた飽くなき挑戦】
 食品加工会社の道内リーディングカンパニーとして、同社では北海道産牛肉の価値向上に貢献するため、さまざまな挑戦をしている。
 例えば、16年からは「名寄天牛(なよろあまうし)」の研究・開発を手掛けた。
 この研究で、挽き肉でしか使用できなかった廃用牛が、再肥育することでテーブルミートにも使用できることが判明。廃用肉の利用価値を上げることで、道内1次産業の発展にも寄与した形だ。
 現在は、道内で余ったカボチャの種や、名寄の特産品でもあるもち米「はくちょうもち」などの規格外品を餌にできないかという研究をおこなっている。まだ着手したばかりだが、将来的に北海道の中で飼料を循環させることができれば、道内1次産業のムダが省かれ、さらなる発展につながる。同社の存在感はさらに大きくなるだろう。
 企業としての質を高めるために従業員に対する待遇も改善。パート従業員に対する退職金制度を導入したほか、職場環境のさらなる改善に力を尽くしている。
「退職金制度の導入で、雇用の長期化を支援し、道内の雇用改善にも貢献していきたい」と菊池社長。
 酪農王国・北海道のけん引役として、飽くなき挑戦は続く。

基本データ

企業名:
ニチロ畜産
住所:
札幌市西区西町北18丁目1‐1
TEL:
011・663・1131
URL:
http://www.nichiro-ham.co.jp
企業特集:北の大地を支える企業たち