「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > トウマ電子工業

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

トウマ電子工業
取材日:2017年2月

写真大 オリジナルキャンピングカー「サンテ」

写真 写真 自社工場で丁寧に製作している 写真 車両の見学は随時受け付けている

ものづくり企業として45年。次の一手はキャンピングカー

 トウマ電子工業は、白黒テレビ用ブラウン管電子銃の製造業者として1972年に創業。カラーブラウン管やオーロラビジョンブラウン管用電子銃などを生産し業容を拡大した。
 現在は、航空機ディスプレー管用電子銃をはじめ、がん発見に効果的な最新医療機器「PET」のセンサー基板製造で圧倒的なシェアを誇っている。工業用電子部品を中心にものづくり企業として成長を続け、地域の雇用創出にも寄与してきた。
 そんな同社の次の一手は、なんとキャンピングカー事業への参入だ。
 昨年、特殊車両販売大手のKアクセス(本社・鹿児島県)と提携。同社のキャンピングカー部門「キャンパー鹿児島」は、独自のデザインセンスで全国に熱狂的なファンを持っている。軽ワゴンタイプやハイエースタイプなど豊富なラインアップも人気となっており、道内で販売しているのはトウマ電子工業が唯一だ。
 さらに、キャンピングカーの自社製作も開始した。スズキの軽自動車「エブリイ」をベースにしたオリジナルキャンピングカーの「サンテ」だ。
 手づくりで丁寧に製作した独自の建具を装備して収納力を大幅にアップ。医療機器にも採用されている自社製の遠赤外線面状輻射シートを床暖房に採用したほか、同じく自社製の消臭・除菌装置「Hイオンクラスター」も搭載。さらに、キャンパー鹿児島が開発した走行充電蓄電システムも取り入れて電力供給を安定化することで、家庭用エアコンも使用できるなど快適性を高めている。
 車両価格も198万円(税込)からと低廉に抑えた。
 現在、提携する当麻モータース(本社・上川管内当麻町)内に展示しており、4月には旭川市内に新たに展示場をオープンするほか、レンタカーも開始予定。もちろんフルオーダーの製作やリフォームにも対応し、車両の持ち込みにも応じている。 
 道内のキャンピングカービルダーは極めて希少な存在。当麻町発の新たな産業としても注目が集まっている。

基本データ

企業名:
トウマ電子工業
住所:
上川郡当麻町1247番地
TEL:
0166・84・2357
URL:
http://www.touma-ele.com/
企業特集:この企業が地域を支える