「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ダンテック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンテック
取材日:2017年3月

写真大 2017年度の入社式

写真 出村知佳子社長 写真 女性社員も積極的に採用 写真 先輩社員とともに経験を積んでいく

〝社業を通じて地域社会に貢献〟を合言葉に業務を実践

 資本金3億円で安定経営を続ける「ダンテック」。〝社業を通じて地域社会に貢献〟を合言葉に、建物の天井内部や床下の配管、ダクトなどのインフラ設備の設計・施工をおこなっている。
 現場は民間のマンションやビルなどの大型施設のほか、札幌コンベンションセンターや地下歩行空間(通称チカホ)、地下鉄大通駅などの公共施設も数多く手がけている。
 札幌・丘珠地区に自社工場を持ち、ダクトなどの部品の作成からトラブルの際のメンテナンスまで一括管理で業務を実施。これにより社員が責任を持って全ての工事をおこなえるため、高品質なサービスの提供が可能となっている。
 募集している施工管理者の仕事内容は、建物の設計図を読み、配管の施工図を起こして施工計画を作成。それをもとに、資材の発注や施工職人への作業指示や安全指導、品質管理、検査業務など、施工に関する全般的な業務をおこなっている。
 大型施設を専門に手がけているため、工事の規模も大きく、現場も大がかりとなる場合が多い。そのため、いきなり全てを1人で抱えるのではなく、少しずつ現場に携わって仕事を覚えていくことが必要となる。
 初めは2~4人で1つの現場を担当し、先輩から指導を受けながら経験を積んでいく。毎月1回、先輩社員による勉強会を開催。徐々にスキルアップをはかり、1人で1つの現場を担当するようになるまでは3~4年が必要。最終的には、後輩の育成や予算管理なども任されるようになり、仕事の幅を広げていく。
 男性のイメージが強い業種だが、出村知佳子社長が女性ということもあり、女性にも働きやすい環境を整え積極的に採用している。また、工事担当者一人ひとりに無償でプライベートでも使用できる乗用車が貸与されるなど手厚い社員待遇も魅力。
「自分の仕事が街づくりの中に生かされているので、やりがいを感じてもらえるはずです。現場を経験しながら育っていく風土がありますので、大学で建築を学んでいない人でも、その情熱を生かしぜひチャレンジしてもらいたい」と出村社長は話す。

[新卒][中途]
職種 施工管理者
勤務地 札幌市
募集対象 大学、大学院、短大、高専、専門学校を卒業・修了見込み。中途採用・実務経験者
2017年度採用実績/3人
2018年度採用予定/4人

基本データ

企業名:
ダンテック
住所:
札幌市東区北19条東7丁目
TEL:
011・742・5582
URL:
http://www.dantech.co.jp
企業特集:若手が輝く実力企業