「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > セーコー

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

セーコー
取材日:2017年4月

写真大 ブレーキをかけずに立ち上がると 警報音と光で知らせる

写真 三井尚子社長 写真 既存の車椅子に簡単に取り付けられる

印刷技術の応用でセンサーマットを開発。新製品も誕生

 サイン看板の設計・製作から印刷までを手がける「セーコー」は、1965年の創業だ。
 2010年からは培った印刷技術を使い、認知症患者の徘徊や転倒予防対策として導入が進むセンサーマットの開発に着手。構造は企業秘密だが、プリントTシャツなどで用いられるシルクスクリーンの印刷技法をセンサーの一部に応用し、外部からの圧力を感知できるセンサーマットを完成させた。今では全国の医療・介護の現場で採用されている。
 17年4月からは、車椅子のブレーキかけ忘れによる転倒事故を予防する「車椅子ブレーキセンサー」も販売。既存の車椅子に設置可能で、対象者が立ち上がるだけで警報音を鳴らす設定にもできる。価格は2万4000円で、立ち上がりセンサーのみの場合は1万6000円とどちらも低廉。介護施設や医療機関などを対象に、2週間の無料貸し出しもおこなっている。

基本データ

企業名:
セーコー
住所:
札幌市西区八軒7条西4丁目
TEL:
011・643・1811
URL:
http://www.s-seko.co.jp/
企業特集:新価値創造企業