「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > シティビルサービス札幌

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

シティビルサービス札幌
取材日:2018年3月

写真大 和やかな雰囲気の本社オフィス

写真 津田芳典社長 写真 賃貸仲介店「ピタットハウス」を運営 写真 札幌市中央区の本社

主体性を身につけた人間力のある人材に成長させる

 賃貸管理を主軸として、自社不動産の運用や収益不動産の売買仲介、賃貸仲介店「ピタットハウス」(南郷7丁目店、中島公園店)を運営しているシティビルサービス札幌。
 管理戸数は瞬く間に5000戸を超えるなど成長著しいが、経営スタイルは堅実そのもの。
 人材教育への投資に力を入れ、積極的に採用活動をおこなっている。
「人が成長するからこそ、会社が成長する。現状維持は衰退の第一歩です。当社は採用を補充ではなく、拡充と考えています」と津田芳典社長。
 創業7年目を迎え、福利厚生などの充実のほか、就業規則や評価制度といった社内システムも整備。キャリアアップとしては、総合職への道を用意しているほか、将来的にはさまざまなポストの創設も検討している。
 津田社長は「採用を意識して迎合しているわけではない。あくまでも既存社員のため」と断言。続けて「自分の人生は自分で切り拓くもの。親に就職先を決めてもらうなんて大きな間違いです。自分で決断するからこそ責任感が生まれます。そんな気概を持った人に出会いたい」と語る。
 近年の就職事情は大手志向が顕著であり、中小企業は苦戦を強いられているが、同社には今春7人が入社した。賃貸仲介店で部屋探しをサポートするルームアドバイザー職と、入居者や仲介業者の対応、契約補助などをおこなう事務職での採用だ。 
 特筆すべきは、売り手市場の中で採用基準がかなり厳しい点。今春の採用率は応募者のわずか5%にとどまる。同社が最も重要視するのが、自分で考え、行動するという主体性。専門的な知識は一切必要ないという。
「主体性イコール人間力と考えています。魅力のある人間になってほしいのです。ヒューマンスキルを磨く〝機会〟と〝場〟は当社が提供します。もちろん転職を推奨しているわけではありませんが、培ったスキルはたとえ転職しても必ず役に立つでしょう。当社を自己成長の場として利用してもらって構わないと思っています。優秀な人材をとどめておけないのは経営者の責任ですから」と津田社長。

■募集職種
●事務、ルームアドバイザー

【記者が見た現場】
 本社、賃貸仲介店ともに20~30代が中心の若い会社。賃貸市場の繁忙期である3月に見学したが、忙しさの中でも表情は明るく、疲弊した印象はなかった。接客、電話対応から感じたのは、相手の発言の意図をくみ取る姿勢。対人スキルが高い印象を受けた。

基本データ

企業名:
シティビルサービス札幌
住所:
札幌市中央区南9条西3丁目 きりんやビル2階
TEL:
011・596・0477
URL:
http://city-bld.net/
企業特集:覚悟と展望