「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > コーサイ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーサイ
取材日:2017年9月

写真大 高い生産力を持つ中沼工場

写真 親松誠一社長 写真 本社には広い応接室を新たに備えた 写真 写真 工場内にはレーザー加工機を導入

職場環境の改善と中沼工場の拡充で生産力を強化

 1965年に創業し、ステンレス、アルミ、スチールなどを用いた建築金物(金属製の建築部材)の設計加工、製作・取り付け工事まで手がける「コーサイ」。特に金属製手すりの分野ではトップシェアを誇り、道内の95%の公共施設、ビル、マンションなどに使われている。
 また、鉄骨階段の製作や取り付け、板金工事、オーダーメード加工なども請け負う。
 同社の業務を支えるのが多数のベテラン職人だ。その技術を生かし、過去には北海道拓殖銀行の各支店に設置されていた金属製の「支店名プレート」の大半を製作。2011年に完成した「札幌駅前通地下歩行空間」(チ・カ・ホ)の金属製天井部分も同社が中心となって施工した。最近では「札幌医科大学」の改修や「北海道がんセンター」の移転工事にも携わっているほか、震災復興などで本州エリアにも業務範囲を拡大している。
 今年6月から、本社と中沼工場(札幌市東区中沼町50番6号)をリニューアル。本社は壁や床材を明るい色調に張り替えたほか、事務所内のレイアウトも大幅に変更した。
「当社は若手の育成にも力を入れており、従業員が働きやすい環境を整えました。休憩室や更衣室を広げ、お客さまをお迎えする受付カウンターも新たに設置。応接室、会議室も増やしましたので、お待たせすることも少なくなりました」と親松誠一社長。
 また、中沼工場は設備を拡充。中でも新しく導入したレーザー加工機は、鉄板の厚さが22ミリまで切断が可能になった。これまでは厚さ9ミリ以上の鉄板加工は本州企業などに外注していたが、同機の導入により納期の大幅な短縮を実現した。
 親松社長は「創業以来〝お客さまの孫の手になろう〟の精神で、顧客の手の届かないところまで対応すべく取り組んできました。職場環境の改善と工場設備の充実を図り、さらにお客さまに満足いただける製品づくりに励んでいきたい」と語る。

基本データ

企業名:
コーサイ
住所:
札幌市東区東雁来8条1丁目16-10
TEL:
011・791・3243
URL:
http://www.kk-kosai.co.jp/
企業特集:企業の決意