「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > コーサイ

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

コーサイ
取材日:2017年3月

写真大 導入した新型レーザーー加工機

写真 親松誠一社長 写真 さまざまな金属部材を加工できる 写真 オーダーメードの依頼に対応したワインセラーのラック 写真 金属製の外壁

中沼工場に大型の加工機を導入し、幅広い需要に対応

 建築金物(金属製の建築部材)の製造・加工から販売、取り付け工事まで手がける「コーサイ」(親松誠一社長)。
 1965年の創業以来、経験豊富な熟練工を擁し、最新の機器をそろえている。製作可能な分野は屋外広告やサイン看板、近代建築には欠かせないアルミなど金属製パネルを用いた屋根や内外装、大規模モニュメントまでと幅広い。
 札幌駅前地下歩行空間の金属製天井部なども同社が中心となって手がけたほか、旧北海道拓殖銀行の店舗に掲げられた金属製の店名プレートも大半は同社製だ。公共施設、ビル、マンションなどの金属製手すりの分野では、道内95%のシェアを誇る。
 また、道内では数少ない銅製屋根の補修技術を有し、2012年には小樽市指定文化財である「日本銀行旧小樽支店」の改修工事も担っている。
 新年度から中沼工場(札幌市東区中沼町50番6号)に、厚さ22ミリの鉄板まで切断可能な大型のレーザー加工機を導入した。これまでは厚さ9ミリ以上の鉄板の加工は本州企業などに外注していたが、新型機の導入で納期を大幅に短縮できるようになった。
「何よりもスピードが求められる時代です。常に生産能力、品質精度の向上に取り組むことで、あらゆるニーズに対応しています」と親松社長。
 また金属加工における流行や、新技法を業界に先駆けて取り入れている。例えば店舗や住宅用の金属製の外壁(写真右下)は、メッキに独自の処理を施したもので、独特の色味と質感が特徴。加工できるのは道内では数社という新技術だ。
 またオーダーメードの依頼にも対応。ワインセラー(写真右)用の金属製のラックは、部屋の面積や収納本数に合わせた受注生産もおこなっている。
「創業以来、当社は〝お客さまの孫の手になろう〟を信念としています。顧客の手の届かないところまで対応することで顧客が満足し、笑顔になっていただけるように業務に励んでいます」と親松社長。

基本データ

企業名:
コーサイ
住所:
札幌市東区東雁来8条1丁目16-10
TEL:
011・791・3243
URL:
http://www.kk-kosai.co.jp/
企業特集:顧客第一への挑戦