「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > グランド歯科医院

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

グランド歯科医院
取材日:2016年9月

写真大 挽地俊哉院長 ひきち・としや/1985年日本歯科大学新潟校卒業。92年グランド歯科医院勤務。95年同歯科院長に就任。日本歯科医療管理学会、理事。日本顎咬合学会、指導医。日本歯科審美学会、会員。ドックベストセメント療法認定医。

写真 セメントはアメリカで開発されたものを使用 写真 ストリークレーザーが配備された治療室

ドックベストセメントで削らない虫歯治療を実践

「患者さんが歯科医院に行きたくない最大の理由は、自分の大切な歯を削られたり、抜かれたりするのが嫌だからではないでしょうか。当院では、そのイメージを払拭する〝ドックベストセメント治療〟をおこなっています」と話す挽地俊哉院長。
 アメリカで開発されたこのドックベストセメントは、虫歯を削らずに殺菌して治す。鉄、銅、亜鉛、リンなどのミネラルを主成分とする特殊なセメントを患部に塗り、含まれる鉄と銅イオンの殺菌作用で治すというものだ。
 治療はまず、無痛診断器で虫歯の程度を診断。虫歯部分をセメントで覆い、その上を樹脂製の詰め物で密閉する。殺菌成分が効き続けるので、長期にわたって虫歯の進行が抑えられる。さらに、ミネラル成分が柔らかくなった歯を強化して健康な歯に戻し、虫歯の再発も防ぐ。
 虫歯を削らないため、痛みが少なく、麻酔もほとんどのケースで不要。また、神経に達するような深い虫歯でも、神経を残せる可能性が高い。
 基本的に治療は1回で完了。その後、定期的に治療状態を確認するが、再治療が必要なケースはほとんどない。通院回数が少ないことも大きなメリットだ。
 さらに、最新の「ストリークレーザー」も導入。子どもの虫歯予防、歯質強化、歯周病治療など用途は幅広い。ドックベストセメント治療との併用でも相乗効果を生んでいる。
 また、挽地院長は「ドックベストセメント治療時には、虫歯菌が他の歯に移らないよう、虫歯以外が覆われるカバーをかけて治療しています。基本的なことですが、どの治療でも殺菌、感染予防が重要です」と話す。
 同院では使用する水を殺菌作用のあるエピオスウォーターに変えた。これは、高純度の塩と超純粋水で生成したもので、殺菌と同時にたんぱく質を浮かせて、汚れを落とす効果もある。治療機器で使う水はもちろん、患者が口をゆすぐ水や、スタッフが使う蛇口でも使用。徹底した感染予防がなされている。
 技術向上と最先端の設備導入を続ける同院は、インフォームドコンセントと予防アドバイスにも定評がある。わかりやすい説明と、生活習慣の見直しを啓蒙することで、口腔疾患の根本原因の解決を目指している。

基本データ

企業名:
グランド歯科医院
住所:
札幌市中央区北2条西3丁目1‐8朝日生命札幌ビル2階
TEL:
011・261・8066
URL:
http://www.dental-park.jp/granddc/