「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > クラス

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラス
取材日:2016年8月

写真大 8月に竣工した「アンジュフルール」

写真 超狭小地物件「ガーデンコート」の内装 写真 広々としたバスルーム

外観・内装・住みやすさにこだわった設計で満室経営をサポート

 立地はもちろんデザインや住性能、セキュリティにこだわった住宅を提供し、高い入居率を誇っている「クラス」。
 同社が供給するアパート・マンションは小林英司社長が全棟の設計を監修。オーナーのニーズやエリアの特性などを考慮し、1棟につき数十枚の設計プランを描く。
 代表モデルとなるのがデザイナーズマンション「アンジュ」シリーズ。ハイエンド向けの物件で、間取りは1LDKと2LDKの2パターンを用意している。1LDKでも約40平方メートルと広々としたつくりとなっており、ウォークインクローゼットや1坪の窓付きユニットバス、高効率給湯器エコジョーズなどを標準装備。外観はトレンドを取り入れつつも、飽きのこない都会的なデザインが特長。新築時はもちろん、長期的にも満室を維持できる競争力を持った魅力的な物件を提供している。
 また、他社では手がけづらい土地の企画物件も数多い。今年8月には敷地間口4・5メートル、奥行き約20メートルの超狭小地に賃貸マンション「ガーデンコート」を竣工した。建物は5階建てで、エレベーターも完備。内装は窓を大きく取るなど、土地の狭さを感じさせない開放的なつくりとなっている。完成後におこなった内覧会には、60組以上のオーナーや投資家が訪れ、関心の高さをうかがわせた。
「狭い・変形しているなど利用価値がないと思われる土地をお持ちのオーナーさんにも、納得のプランを提案します」と小林社長。
 また、猫を飼っている女性限定の〝猫好き専用のデザイナーズマンション〟も建設中。
「猫と飼い主の理想の暮らしの具現化をコンセプトに設計しました。室内には臭い対策はもちろん猫が通るくぐり戸や猫専用の通路であるキャットウオークを標準装備しています。キャットウオークの横には窓を設置し、猫が外の景色を楽しめるような仕掛けもあります」と小林社長。完成は来年の2月を予定しており、猫の日の2月22日に内覧会を開催する予定。
 入居者の対象をあえて狭めることで、愛猫家の心をくすぐり満室を狙う新たなコンセプト物件として注目を集めている。

基本データ

企業名:
クラス
住所:
札幌市中央区南19条西9丁目2‐37
TEL:
011・533・5002
URL:
http://www.class-kk.jp
アパート経営