「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > オリエント建設

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリエント建設
取材日:2017年3月

写真大 3月には澄川に6棟の賃貸マンションを竣工

写真 それぞれの分野のスペシャリストがそろう 写真 近未来的でお洒落な外観

土地の仕入れと万全な管理体制で、94%以上の高入居率を実現

 1979年に創業した「オリエント建設」。管理物件は222棟、2787戸。入居率は築年数が長い物件も多数あるにもかかわらず94・94%(3月現在)と高い数値をキープしている。
 そのポイントの1つが、土地の仕入れ。手がける物件のほとんどが駅から5~10分圏内という好立地にある。建物は地域の特性や空室状況、近隣物件の家賃相場などを徹底的にリサーチした後、入居者のニーズにあった設計をおこなっている。
 また、建設も自社でおこなっているため外注がほとんどなく、建設コストを低く抑えることが可能だ。そのため高い入居率とともに地価が高い地下鉄駅周辺でも8%前後の高利回りを実現している。
 同社ではそれらのノウハウを生かし、3月に700坪の土地に6棟の賃貸マンションを竣工した。場所は札幌市営地下鉄南北線「澄川駅」から徒歩2分で、大型のスーパーや金融機関などがすぐそばにある好立地。4月の入居開始前にほぼ満室状態となった。
「建てて終わりではなく、しっかりとした物件管理もオーナーとの信頼関係を築くために重要だと考えています」と藤田春幸社長は話す。
 その言葉通り賃貸物件の管理をおこなうグループ会社の「オリエントマネージメントサービス」も高入居率維持の一翼を担っている。
 同社では、 5~10年の仲介業経験者がオーナー一人に対し専属の担当者として対応している。
「小さなクレームでも時間が経つと大ごとになってしまうこともあるため、迅速な対応を心がけています」と担当者。それらの事例を社内に蓄積することで、より良い物件づくりにも生かしている。
 また、家賃滞納者への対応や空室対策なども含めたさまざまな提案も実施。オーナーの立場に立った管理を徹底している。物件の清掃も3台の清掃車を完備し万全の体制でおこなう。このような手厚い管理体制も、リピーターや遊休不動産を持つ地主から選ばれる理由となっている。
「土地を所有している人や、現在所有している物件の建て替え、管理会社選びで迷っている人は気軽に相談に来てほしい」と藤田社長は話す。

基本データ

企業名:
オリエント建設
住所:
札幌市南区石山1条7丁目27-7
TEL:
011・594・2066
URL:
http://www.orient-ltd.com/
アパート経営