「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > みやざき外科・ヘルニアクリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

みやざき外科・ヘルニアクリニック
取材日:2017年7月

写真大 宮崎恭介院長 みやざき・きょうすけ/1966年生まれ。聖マリアンナ医科大学卒。愛育病院、北海道大学病院、手稲渓仁会病院外科などに勤務。97年北大医学部大学院修了。2003年4月開院。麻酔科標榜医、日本消化器外科学会指導医、アメリカヘルニア学会会員、日本ヘルニア学会理事、聖マリアンナ医科大学臨床教授。

写真 聖マリアンナ医科大学病院でも執刀 写真 来年6月におこなわれる第16回日本ヘルニア学会学術集会の会長も務める

鼠径ヘルニアの執刀実績は全国トップクラスの5000例超

 国内で年間14万人〜16万人が治療を受けているとされる成人鼠径(そけい)ヘルニア。足の付け根、鼠径部の筋肉間から腸が突出する疾患で、主な要因は加齢による筋膜の脆弱化だ。
 この鼠径ヘルニアの手術において、大学病院を含めた国内全医療機関の中でも1、2の執刀実績を持つのが宮崎恭介院長だ。開院以来、14年間で5718例(2016年12月末現在)におよんでいる。
 国内では、鼠径ヘルニアの治療は入院手術が第一選択肢となるが、宮崎院長がおこなうのは、治療費負担や入院期間の削減が期待できるとして欧米では趨勢となっている日帰り手術だ。
 道内唯一のオフィスサージョン(外来外科手術専門医)である宮崎院長は、1999年に研修先の米国・ニュージャージー州で日帰り手術に特化するオフィスサージョンの存在を知る。その後、03年に同クリニックを開院。国内初の日帰り手術専門の外科クリニックだった。
 宮崎院長は「単一疾患に特化し、同一の手術を多数執刀することにより治療実績の向上を図ることができる」と語る。事実、術後の大きな合併症の発症は認められず、2000例を超えた09年頃からは出血2例、再発3例と治療実績は極めて良好。宮崎院長は国内における外科の日帰り手術に対する信頼を確立したパイオニアともいえる。
 術式は8種類のメッシュシートを使い分け、隙間を塞ぐ方法。日帰り手術当日は、同クリニックでは午前9時半から約1時間でおこなうのが通常だ。手術後は回復室で休憩するなどし、午後3時に術後診察をおこない問題がなければ退院となる。
 こうして臨床医として好成績を残す一方、手術法や使用するメッシュシートに関する論文を数々発表。各地で講演や後進の指導にも当たるなど日帰り手術の普及にも尽力している。
 また、18年6月に札幌コンベンションセンターで開催される第16回日本ヘルニア学会学術集会「三本の矢~オープン・ラパロ・教育」の会長に就任。全国から約800人の消化器・一般外科医が集結し、最新のヘルニア治療について意見交換などがおこなわれる大舞台で舵取り役を務めることになった。
 なお、同クリニックでは成人鼠径ヘルニアの他、小児鼠径ヘルニア、臍ヘルニア(でべそ)、下肢静脈瘤、体表のしこりなどにも日帰り手術を実施。執刀実績は16年12月末現在で6530例、15年末から1年間で458例を実施している。

基本データ

企業名:
医療法人社団 みやざき外科・ヘルニアクリニック
住所:
札幌市中央区北5条西2丁目 JRタワーオフィスプラザさっぽろ7階
TEL:
011・209・5283
URL:
http://www.pharmarise.jp/miyazaki-surgery/