「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > ときわプランニング

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

ときわプランニング
取材日:2015年5月

写真大 ネオトルネーダ設置後2日で堆積していたヘドロも粉砕され目視では観測されない状態に

写真 ネオトルネーダ 写真 横尾 京社長 写真 油で汚れるグリーストラップ内 写真 ネオトルネーダ導入6日後に排水溝に流せるまでに浄化

ビルの排水槽に溜まる汚泥を分解し、悪臭を解決

ビルの地下にある厨房やトイレは、下水道管より低い位置にあるため排水を自然流下で排水することができない。そのため地下部分で発生した排水をポンプでくみ上げて下水道に排除している。この時、一般的に排水を貯留する排水槽がビルピットだ。
 このビルピットに溜まる汚泥などが、ビル周辺に悪臭を漂わす原因となっている。またピット内に硫化水素が含まれることもあり、構造物や配管が腐食。それにより多額のメンテナンス費用が発生することも多く、悩んでいるオーナーも少なくない。そんな中注目されているのが「ときわプランニング」が取り扱う「ネオトルネーダ」だ。
 同商品は、超高速の空気を噴射し、水中に竜巻状の旋回流を創出。同時に汚水中に存在する微生物を活性化・増殖させることで、有機物(汚泥)を効率的に生分解する。悪臭の元や汚泥を分解し、槽内を快適な環境へと導くだけではなく、汚泥を下水に流すことがなくなるため、地球環境にもやさしい商品。浄化槽や汚水槽、合併浄化槽でも同様の効果を発揮する。
「従来の浄化機器は設置工事が高額なだけではなく、槽内清掃などのメンテナンスも必要。しかも硫化水素を完全には消すことができません。しかしネオトルネーダは硫化水素基準濃度10ppm以下を完全にクリアしています。しかも設置は低コストでメンテナンスフリー。悪臭を解決するだけではなく、害虫発生を抑制するなど快適な環境をつくり出してくれます」と話すのは横尾京社長。 
 飲食店の厨房排水設備として設置が義務づけられているグリーストラップの汚れにも「ネオトルネーダ」を推奨している。
 昨年同商品を導入した「松尾ジンギスカン」フラノーブルマツオ店の桑折店長は「臭い、油の分解には効果抜群です。また清掃も大変楽になりました。当店舗のグリーストラップは大型なので屋外にありますが、害虫も発生しなくなり環境衛生にも貢献しています。導入の価値がありました」と好評を得ている。

基本データ

企業名:
ときわプランニング
住所:
札幌市中央区大通東3丁目4・1オフィス大通ビル7階
TEL:
011・231・3577
URL:
http://www.tkw-p.jp/
エコロジー