「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > とうしんエステート

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

とうしんエステート
取材日:2018年3月

写真大 3月に完成した学生向け新築物件「ライズ714」

写真 アクセントをつけ加えた室内 写真 入居率が下がった築13年の物件を再生して満室に 写真

蓄積したノウハウで中古・新築双方のニーズに応える

 土地不足が顕著な札幌市内。そうした中、独自ルートで好立地の中古収益物件を取得し、リフォームで再生しているのが「とうしんエステート」だ。
 リフォームの監修は自らも賃貸経営をおこなう片石隆志社長が担当。高級感のあるエントランスをはじめ、アクセントクロス、エアコンやネット回線の設置などさまざま。蓄積されたノウハウから入居者属性、家賃設定、間取りなどを総合的に判断し、競合物件と差別化を図ったリフォームで、高めの家賃設定を可能にしている。
 近年では新築企画物件にも注力。デザイナーズアパート「ライズシリーズ」として年間2~3棟を供給し、現在札幌市内で14棟と数を伸ばしている。
 同シリーズは分譲マンションに劣らないハイグレードな仕様を採用。警備会社と連動したセキュリティーサービスの導入や、宅配BOX、専用ガレージの設置など、ワンランク上の賃貸生活を提供している。
 中でも3月に完成した札幌市手稲区にある学生向け物件「ライズ714」は、ネット無料やウオークインクローゼットなどの人気設備に加え、近隣の大学から徒歩5分の好立地にあり、完成前に満室となった。
 片石社長は「このエリアの物件は供給過剰ですが、新築に限れば圧倒的に供給不足です。多少高い家賃でも新築に住みたいというニーズは学生にもあるので、そこを狙いました」と話す。
 また、管理戸数はむやみに増やすのではなく、細部にまで目をかけられるように少数にするのがモットー。四季を感じられるエントランスの装飾など、細かな気配りが入居者とオーナー双方から喜ばれている。
 クロスの張り替えや温水洗浄便座の取り付けなど、簡単なものであれば自社の専門スタッフが迅速に対応するのも特徴だ。

基本データ

企業名:
とうしんエステート
住所:
札幌市東区北33条東17丁目4-31
TEL:
011・784・8885
URL:
http://www.toushinest.com/
アパート経営