「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > しばた腎泌尿器科クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

しばた腎泌尿器科クリニック
取材日:2016年7月

写真大 柴田 武院長 しばた・たけし/ 1998 年東邦大学医学部卒。北海道大学医学部泌尿器科入局後、釧路市立総合病院、旭川市立病院、小樽市立病院、帯広厚生病院(泌尿器科医長)勤務を経て2009 年開院。日本泌尿器科 学会専門医。

写真 道東道音更帯広ICから15分

日帰りでHoLEPを実施。道東全域から患者が来院

 新たな前立腺肥大症手術として定着してきた「HoLEP」。従来のTURPと比べ出血が少ないなどメリットも多い。そのため、高齢の患者でも安心して手術がおこなえる。
 このHoLEPを道東地方で唯一執刀しているのが、しばた腎泌尿器科クリニックの柴田武院長だ。
 手術には、常駐する麻酔科の柴田万里子副院長が立ち会い、全身麻酔でおこなわれる。通常なら退院まで7~10日かかるが、同院では日帰り手術が可能となっている。全身麻酔による日帰り手術を実施しているのは全国でも珍しい。現在では、帯広市だけではなく、道東地方全域からも患者が訪れている。
 さまざまな泌尿器の疾患に精通している柴田院長は「前立腺肥大症などの男性に多い疾患のほか、過活動膀胱など女性に多い疾患も増えています。そのため、女性が持つ〝入りづらい〟というイメージを払拭して、気軽に相談してもらえる雰囲気をつくっていきたい」と話す。

基本データ

企業名:
医療法人社団 しばた腎泌尿器科クリニック
住所:
帯広市西18条南2丁目11
TEL:
0155・67・1414
URL:
http://www.shibata-urological-clinic.com/