「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > さっぽろ麻生クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ麻生クリニック
取材日:2018年1月

写真大 谷岡 富美男院長 たにおか・ふみお/1978年弘前大学医学部卒業。82年同大大学院医学研究科修了。日本麻酔科学会認定麻酔科専門医。日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医。日本東洋医学会認定漢方専門医。

写真 X線透視撮影装置を使っての神経ブロック治療

東洋医学も併用した「痛み」の治療を実践

 一言で「痛み」といっても、その内容や原因は人によってさまざま。それを判断して治療に取り組む「痛みの専門治療医」が谷岡富美男院長だ。
 同院では交感神経の過剰な興奮や、血流低下などにより痛みがさらに悪化する〝痛みの悪循環〟を絶ち、自己の治癒力を最大限に発揮させるために「神経ブロック」がおこなわれている。
 この治療は、痛みが長引くと脳が痛みを記憶してしまい、痛みが長期化することを防ぐ目的もあるという。
 対象となる疾患は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア、慢性頭痛、肩こり、むち打ち、五十肩、脊柱管狭窄症、帯状疱疹、坐骨神経痛、顔面神経痛などと幅広い。
 谷岡院長は「痛みが完全にとれない場合もありますが、内服治療も併用しながら日常生活に支障のない程度に回復させることを目標に治療しています」と語る。
 治療ではブロック以外にも薬物療法や漢方治療、レーザー治療、近赤外線療法などを実施。西洋と東洋の医学の特徴を生かした幅広い治療をおこなっている。

基本データ

企業名:
医療法人社団 さっぽろ麻生クリニック
住所:
札幌市北区麻生町4丁目 麻生MMビル2階
TEL:
011・736・7755
URL:
http://www.sapporo-asabu-clinic.or.jp/