「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > さっぽろ白石内科消化器クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ白石内科消化器クリニック
取材日:2018年1月

写真大 高橋 祥院長 たかはし・しょう/1998年札幌医科大学卒業。同大学病院第4内科(腫瘍内科)入局。2011年から3年半の間、被災地支援として岩手県陸前高田市にある岩手県立高田病院で勤務。王子総合病院消化器内科を経て17年9月開業。

写真 清潔感のある待合室

事前診察なし、初診での大腸カメラに対応

「胃・大腸カメラは過去のつらい経験や、事前診察など準備に時間がかかることから、検査を敬遠し病気の発見が遅れてしまう場合がある。これらの検査に対するイメージを払拭し、手遅れになるケースを1つでも減らしたい」と高橋祥院長。
 昨年9月に開院した「さっぽろ白石内科消化器クリニック」では、これらの検査を少しでも楽に受けられるように力を注いでいる。
 同院の大腸カメラは下剤を飲まずにおこなう「内視鏡的洗浄液注入法」に対応。まず、胃カメラをおこない下剤を注入。これにより従来の検査では2リットル飲んでいた下剤を飲まずに検査を受けられる。さらに、1度の通院で大腸カメラを受けられる体制を完備。65歳未満で便秘のない人限定だが事前診察なしで対応している。
 また、胃・大腸カメラは希望すれば鎮静剤注射を使用し、眠った状態での検査が可能。検査中の苦痛がないと好評を得ている。

基本データ

企業名:
さっぽろ白石内科消化器クリニック
住所:
札幌市白石区南郷通1丁目南8‐10 白石ガーデンプレイス3F
TEL:
011・862・8878
URL:
http://shiroishi-shokaki.jp/