「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック
取材日:2017年7月

写真 近 祐次郎院長 こん・ゆうじろう/1998年北海道大学医学部卒業。同大内科入局。市立札幌病院、滝川市立病院、北海道大学病院助教などを経て、2017年2月に開院。日本リウマチ学会認定リウマチ専門医。日本内科学会認定内科専門医。 写真 JR札幌駅北口から徒歩1分に立地

患者に寄り添った丁寧で的確なリウマチ治療に信頼

 約20年間、大学病院と地方の中核病院でリウマチの治療と研究に携わってきた近祐次郎院長。
 リウマチの診断は血液検査とレントゲン検査が一般的だが、それに加えて関節エコーを使用。通常検査で検出できない病変の発見や、経過観察に有効で、病状を正確に把握し、その結果に基づく適切な治療に努めている。
 治療は薬物療法がメーン。抗リウマチ薬をはじめ、生物学的製剤を一般的な数の2倍にあたる10種類用意。症状を見極めて処方しているほか、薬の種類が増えたことに伴う副作用の対策も徹底している。
 また、治療を進める上で〝家族やパートナーの理解と協力が不可欠〟と考えており、患者の家族などにも治療方針を伝えて協力を仰いでいる。
 こうした丁寧な診療が評判となり、今年2月の開院ながら患者数は増加。北は稚内市、南は青森県から患者が来院している。
「リウマチは似たような病気が多数存在するため、必要な検査や治療が遅れることもあります。それらを防ぐためにも、初期症状が出たらまずはリウマチ専門医に診てもらってほしい」

基本データ

企業名:
さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック
住所:
札幌市北区北7条西2丁目20 東京建物札幌ビル3階
TEL:
011・700・2000
URL:
http://www.sapporo-rac.jp/