「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ >   情報INDEX > 「ゆうゆうじてき」月寒公園

報INDEX

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゆうゆうじてき」月寒公園
取材日:2016年4月

写真大 食堂に隣接したバーラウンジ

写真 夫婦2人でも広々の1LDKタイプ 写真 本格的な食事を提供する食堂 写真 男女別に2つある大浴場 写真 多目的ルームでカラオケも 写真 地下鉄から徒歩5分

介護の名門が母体。ワンランク上の設備と食事で快適な生活

 昨年11月に開設したサービス付き高齢者向け住宅「ゆうゆうじてき」月寒公園は、ワンランク上の住まい。地下鉄東豊線「月寒中央駅」まで徒歩5分、都心まで地下鉄で10分と抜群のアクセス。生活の便が良い一方、近隣には月寒公園もあり、ウオーキングやパークゴルフなども楽しめる。元気なシニア層が暮らすのに絶好の環境だ。
 居室は1LDKタイプが中心。全室にキッチンとユニットバスを完備し、共用部も本格的なバーラウンジ、大浴場、サークルやカラオケを楽しめる多目的ルーム、フィットネスルームなど充実している。
 入居者の相馬さんと中山さんは「ここでできた友だちと毎晩、バーカウンターで女子会を開いています」と話し、河原さんは「遊びに来た友人とカラオケを楽しんでいます。娘や孫が泊まりに来た際は大浴場でみんなで入浴しています」と笑顔を見せる。さらに「ヨガや健康教室、絵手紙などの無料プログラムを楽しんでいます」という阿部さん夫妻など、楽しみ方はさまざまだ。
 食事にも定評がある。名門ホテルでシェフも務めた調理人らが本格的な和洋中料理を提供。月に1回は職人による握りたてのすしも。〝調理人が考えるおいしい食事〟を提供している。
 佐竹さんは「朝はバイキングで好きなものが食べられる。夕食も事前予約なしに、その場で2種類のメニューから選択できるため煩わしくない」と大満足。
 料金プランは、毎月払い方式で、標準的な1LDKの場合、月額家賃10万5000円。共益費や生活相談サービス費、食費、水道料金を加えると、21万1850円(税別)。
 道内介護サービスのパイオニアとして知られるつしま医療福祉グループの社会福祉法人「ノテ福祉会」が運営するため、介護が必要になった場合も安心だ。
 5月には同施設2階に介護付有料老人ホーム「ゆうゆうじてき」月寒公園を開設。住宅内で終身介護が受けられる体制も整い、選択肢が増えた。特別養護老人ホームを核とする「ノテ地域包括ケア体制」で、重度の要介護状態になっても全面的にサポートしてくれる。なお、参加無料の昼食付き内覧会も定期的に開催している。問い合わせ、予約はフリーダイヤルまで。

基本データ

企業名:
「ゆうゆうじてき」月寒公園/【運営会社】ノテ福祉会
住所:
札幌市豊平区月寒西1条5丁目1-1/【運営会社】札幌市清田区真栄434-6アンデルセン福祉村
TEL:
0120・294・778/【運営会社】011・885・8787
URL:
http://www.yuyujiteki.jp
【運営会社】http://www.note.or.jp
シニアライフ