「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/03/20(金) UHBが「みんなのテレビ」で平日昼帯に“リベンジ”期す

  

 3月20日、UHBがこの4月からの番組改編を発表した。同社は昨年春に続いて再度平日夕方帯を大改編。財界さっぽろ4月号(3月14日発売)でも既報の通り「U型ライブ」を終了し、3月30日から新番組「みんなのテレビ」をスタートさせる。同番組は毎週平日15時50分~19時の生放送。「UHBスーパーニュース」も取り込んだ、同局史上最長の生情報番組となる。

 同日に開かれた記者会見では、本間欧彦UHB常務取締役編成局長が「U型テレビを立ち上げた時に『最後発』といわれたが、夕方の生情報番組は、25年前に私たちが始めた『UHBポテトジャーナル』。実は、われわれこそが嚆矢なんです」と強調。その上で「オールUHB、全員野球で生にこだわった情報番組をつくっていく。同じグループの北海道新聞社と協力し、ニュースに対する解説機能も充実させる」と意気込みを語った。

 なお「みんなのテレビ」のメーン司会には、入社7年目の八木隆太郎アナウンサーを起用。同番組の吉岡史幸プロデューサーは「さわやかでスポーツマン。フジテレビが同時間帯のニュースで若返りを図っていることもあり、思い切って起用した。『北のミヤネ屋』になれる存在だ」と期待する。またサブ司会には新人の続木美香アナウンサーを抜擢。続木アナは長野県出身。NHK釧路放送局の契約キャスターを経験、4月に中途採用で入社後、即起用されるというラッキーガールだ。

 このほか、コメンテーターにタレントの岩本恭生さんと千堂あきほさん、元日本ハムファイターズ選手の金村暁さんが出演。小菅晴香、篠原巨樹両アナウンサーがニュース担当のキャスターを務める。
(清水)

=写真=「みんなのテレビ」出演陣。左から小菅晴香、篠原巨樹、八木隆太郎、続木美香の各アナウンサー