「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/11/05(水) 道開発局と北洋銀行が北海道活性化で協力

  

 北海道開発局と北洋銀行は2013年度から、青函圏の地域活性化を目指した協働事業に取り組んできた。

 これまで、自転車で観光地をめぐる「サイクル・ツーリズム」や「フード・ツーリズム」などを実施。こうした取り組みを全道各地でおこなっていくため、両者は11月5日に連携協力協定を締結した。道開発局が金融機関と協力協定を結ぶのは初めて。今後は、互いが持つネットワークなどを生かし、さらなる観光振興や地域振興に取り組んでいく。

 同日、札幌第一合同庁舎内にある道開発局特別会議室で締結式が開かれ、岡部和憲道開発局長と石井純二北洋銀行頭取が出席した。「民間の知恵を取り入れて、北海道を元気にするお手伝いをしていきたい」と岡部開発局長。石井頭取も「それぞれ専門は異なるが、地域活性化という点で同じ方向を目指している。官民連携のモデルケースとなるよう取り組んでいきたい」と意気込みを語った。(上田)

=写真=握手をする岡部和憲北海道開発局長(左)と石井純二北洋銀行頭取