「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/10/21(火) コンサドーレが公式「香水」発売で“嗅覚”に訴える!

  

 札幌ドームを“勝利の香り”でいっぱいに満たしたい――J2コンサドーレ札幌が、11月から新しい公式グッズとして「香水」を開発、限定発売する。

 このグッズは、同クラブが化粧品業者とタッグを組んで以前から開発を進めてきたもの。ホームグラウンドの札幌ドームは屋内で、香りが満ちやすいというのがヒントになった。あまり臭いが強すぎると不快に感じる人もいることから、なるべく多くの人がかいで不快にならない香りを検討したという。クラブ関係者は「ドーム内をこの香りでいっぱいにして、選手、サポーターの気持ちも昇格へ向けひとつにという思いも込めている」と話す。

 発売は11月のホーム開催試合からを予定。10月24日(金)17:00からは「アインファーマシーズ」(本社・札幌市)の協力で、札幌市内の「アインズ&トルペ」11店舗にて先行販売もおこなわれる。同店の「大通り店」「札幌駅パセオ店」では選手のサイン・写真撮影会も開催する予定だ。

 J1昇格へ向け、プレーオフ圏内の6位まで勝ち点3差の9位(第37節終了時)と、崖っぷちの戦いが続くコンサ。今季も残すところ5試合、ひとつも負けられない状況だけに、これを気にゴールへの“嗅覚”も高めてほしいところだ。(清水)

=写真=コンサドーレ札幌