「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/10/27(木) 車いすラグビー日本代表・池崎大輔選手に栄誉賞

  

 「今回は、銅メダルを獲得できたのは嬉しい。ただ、世界一を目指していたので正直、悔しいです」と語ったのは、リオデジャネイロパラリンピック・車いすラグビー日本代表の池崎大輔選手(函館市出身)。

 10月27日(木)栄誉賞の贈呈式が道庁で行われた。はじめに、高橋はるみ知事から、「エースとして、チームワークを大切にされたことに感動しました。ぜひ、4年後に向けて活躍を期待しています」とエールを送った。

 池崎選手からは、「これまで、周囲の皆さんにサポートをいただいたことに改めて感謝しています。自分の競技活動を通じて、今後も出来る限り勇気や感動を与えられるように取り組みます。自分にとっても、チームとしても世界一への意識を高めて金メダルを目指します」と、4年後の東京大会を見据えての決意を誓った。(西野)

=写真=池崎大輔選手と高橋はるみ知事