「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/07/23(木) 米国発スピーチイベント「TEDxSapporo」が開催

  

 7月19日、札幌市内でスピーチイベント「TEDxSapporo(テデックス・サッポロ)2015」が開催された。

 このイベントは、スピーカーと呼ばれる出演者が持つさまざまなアイデアを、広く共有することを目的に開かれているもの。1984年にアメリカで設立された「TED(テッド)」という団体のイベントが発祥だ。札幌では2012年に初めて開かれ、今年は同様の形式としては昨年に続き3度目の開催。当日はおよそ350人ほどが参加し、現役高校生から年配の客まで幅広い層がスピーチを楽しんだ。

 今年は「Beyond the Border(ビヨンド・ザ・ボーダー)」をテーマに7人が登壇。3番手で登場した石屋製菓社長の石水創さんは自身の生い立ちやスキーに打ち込んだ学生時代のエピソードを披露した。「会社を継ぐことを意識していたし、自分自身もお菓子屋さんになりたかった」という幼いころからの思いも明かしていた。

 トリを務めたのは、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の古川享さん。パソコンの基本ソフト「Windows」のマイクロソフトの日本法人を設立し、初代の社長を務めた日本のIT業界屈指の功労者だ。昨年脳梗塞を患い、一時は半身不随と言語障害を抱えたが懸命のリハビリで回復。その際は「SNSなどのつながりが自身の支えになった」ことを涙を浮かべながら話し、万雷の喝采を浴びていた。(清水)

●出演者
・木村幸愛さん(ガラス作家)
・村口和孝さん(ベンチャーキャピタリスト)
・石水創さん(石屋製菓社長)
・ToyToy(小川基)さん(アイヌ文化継承者)
・伊藤千織さん(プロダクトデザイナー)
・中垣俊之さん(北海道大学電子科学研究所教授)
・古川享さん(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)

=写真=当日の出演者。左から石水創さん、ToyToyさん、中垣俊之さん、村口和孝さん、木村幸愛さん、古川享さん、伊藤千織さん