「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/01/30(金) 札幌商工会議所が地場起業家表彰を6年ぶりに実施

  

 30日午後、札幌商工会議所の会員企業表彰式と新春交歓会が札幌パークホテル(中央区)で開かれた。

 表彰式には高向巖会頭をはじめ5人の副会頭、伊藤義郎名誉会頭らが出席。永年継続して会員になっている企業への表彰をおこなった。

 また今年は、2008年度を最後におこなわれていなかった「北の起業家表彰」を6年振りに実施。これは会員企業の中から「現代表者が創業者」「創業からおおむね10年以内」などの基準を元に、同会議所の選考委員会を経て決定されるものだ。

 今回は1次選考で対象となった361社の中から計7社を表彰。居酒屋「炎(ほのお)」などを経営する「伸和ホールディングス」(佐々木稔之社長)と、花き卸の「ブランディア」(鈴木幹也社長)の2社が優秀賞に輝いた。またヨガ教室運営の「ライフクリエイト」(前川彩香社長)ら4社には奨励賞、北海道科学大学発の宇宙産業ベンチャー「北海道衛星」(佐鳥新社長)に特別賞が贈られた。

 表彰式終了後は新春交歓会を開催し、高橋はるみ北海道知事、上田文雄札幌市長をはじめ多くのゲストが駆けつけた。

 高橋知事は4月の統一地方選で4選を目指し臨戦態勢ということもあって、道東出張からとんぼ帰りで出席。「時節柄、全道を回っています」と挨拶して参加者の笑いを誘った。

 逆に今季で勇退する上田市長は晴れ晴れとした表情で「12年間本当にお世話になりました」と感謝の言葉を述べていた。(清水)

=写真=表彰に先立ち挨拶する高向巖札幌商工会議所会頭(左)乾杯の音頭を取る秋庭英人北海道経済産業局長