「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/03/30(金) 本日夕方、山谷吉宏副知事の退庁セレモニー

  

[caption id="attachment_30833" align="alignnone" width="225"]=写真=山谷吉宏道副知事 =写真=山谷吉宏道副知事[/caption]

 道庁は3月31日が年度末。本日付で山谷吉宏副知事が退任する。同氏は空港民営化、JR北海道の路線見直し問題など、重要案件の担当責任者だった。菅義偉官房長などとも近く、官邸との窓口役を務めていた。 

  今回の山谷氏退任をめぐり、道内政界に波紋を広げている。3月20日の定例道議会で、この人事案についての議決がおこなわれた。ところが、与党の自民党道議11人が「承服しかねる」と退席。さらに山谷氏と近い吉川貴盛自民党道連会長は、周辺に高橋はるみ知事への不快感を口にしている。  

 本日午後5時半ころ、道庁本館ロビーで山谷氏の退庁セレモニーが開かれる。大勢の職員に見送られ、花束を受け取る山谷氏の胸中はいかばかりか――

 高橋知事と吉川氏の確執は、4月14日発売の財界さっぽろ5月号で、詳しくお伝えする。(前田)