「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/08/25(火) 日本中華総商会が「北海道ビジネスチャンス交流会」

  

 一般社団法人「日本中華総商会」が主催する「北海道ビジネスチャンス交流会」が8月21日、京王プラザホテルでおこなわれた。
 
同会は1999年に設立。在日華僑・華人企業や中国資本企業、日本企業との交流を促進することが主な目的。 今回の交流会では、下部組織である東京中華総商会のメンバーで、企業経営者ら42人が参加した。道内企業5社(加森観光、北海道ワイン、日生バイオ、J&C、トーワ建設)がプレゼンテーションをおこない、ビジネスマッチングの可能性を探った。

また、米沢則寿帯広市長ら有識者8人によるパネルディスカッションも実施。「食・観光・農業の投資」をテーマに討論した。

 同商会担当者は「我々の存在を自治体などに知ってもらったことは、大きな成果だと思っています。これを機に、交流を加速させたい」と語った。(織田)

=写真=「北海道ビジネスチャンス交流会」でのパネルディスカッション