「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/01/18(水) 北海道内の領事館が新年交礼会

  

「ケネディ大使は交代しますが、私はそのままおりますので、今年もよろしくお願いします」

 北海道内の領事館などで構成されている「在北海道外国公館・通商事務所等協議会」が1月18日、新年交礼会を開催。今年も経済団体や親善団体、官公庁などから多くの関係者が出席した。

 同協議会はアメリカ、韓国、ロシア、中国、オーストラリア、カナダの6つの道内総領事館・通商事務所総領事と、財界人を中心とした道内名誉領事館の名誉領事らで構成。2011年の設立後、領事館相互の情報交換や、道民との交流のためのイベントを開催してきた。

 この日の会では、昨年8月に就任した在札幌アメリカ総領事館首席領事のレイチェル・ブルネット―チェン氏が挨拶。本国ではドナルド・トランプ氏が20日に新大統領へ就任することから、冒頭のように挨拶し出席者を笑わせた。
 その上で「今年5月にハワイ州と北海道が姉妹都市提携を結びます。ますます交流が深まると思います」と一層の関係深化に期待を寄せていた。(清水)

=写真=左から昨年12月に就任した在札幌オーストラリア領事館領事のロナルド・グリーン氏、在札幌アメリカ総領事館首席領事のレイチェル・ブルネット―チェン氏、昨年2月に就任した在室蘭パプアニューギニア名誉領事館名誉領事の栗林和徳氏