「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/05/18(月) 中村裕之衆院議員がビートたけしと対決!?

  

 テレビ朝日系列で放送中の討論型バラエティー「ビートたけしのTVタックル」(毎週月曜・午後11時15分~)。5月18日の同番組に道4区選出の中村裕之衆院議員が初出演する。トークテーマは「酒類の過度な規制強化について」。

 スーパーやディスカウントストアなどでは、特売の目玉商品として、仕入れ値以下の価格で酒類が販売されている。このような廉売に〝待った〟をかける動きが出てきている。自民の一部国会議員が今国会で「酒の安売り禁止法案」の成立を目指しているのだ。法案が成立すると〝適正な価格〟で酒類が販売される。だが、過度な安売りはできなくなり、消費者の負担増なども懸念されている。

 中村氏は同法案の議員立法を目指す「街の酒屋さんを守る国会議員の会」のメンバー。番組では〝推進派〟の中村氏と〝反対派〟のビートたけしらレギュラー陣が激しいトークバトルを繰り広げているという。

「われわれとしては地域の〝酒屋さん〟の経営を守ることが狙い。番組内で反対派の方からは『家計に直撃する』『ディスカウントストアの立場はどうなるのか』と、厳しい意見もいただきました。このような番組出演は初めてでしたが、理解していただくのは難しいことですね」と中村氏は語っている。(竹内)

=写真=中村裕之衆院議員