「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/01/05(月) 〝選挙の主役〟が来なかった道新グループ交礼会

  

 5日12時から、京王プラザホテル札幌で北海道新聞社グループの新年交礼会が開かれた。例年同様、大手企業のトップなど、主要な政財界人が出席。会場は新春のなごやかなムードに包まれた。

 総選挙は昨年12月に終わったばかりだが、4月には4年に1度の統一地方選が迫っている。知事選には現職の高橋はるみ知事と元キャスターの佐藤のりゆき氏が出馬を表明。札幌市長選は元総務省官僚の本間奈々氏と前札幌市副市長の秋元克広氏が名乗りを上げている。

 新年交礼会は挨拶などを通じて顔を売る絶好の機会。4人のうち、誰が姿を見せるかに注目が集まっていた。しかし、ふたを開けてみれば高橋知事のみ。〝選挙の主役〟不在のまま同会は終了した。主催者側は諸事情を勘案して、現職の高橋知事以外は招待していなかったという。

 ある国会議員は「本気で勝ちたいと思うなら、来るなと言われても顔を出しますよ。それが政治家でしょう」と語っていた。(前田)