「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/06/09(火) 「膝痛」最新治療法セミナーが6月14日に開催

  

 人口膝関節など高度な医療を提供している「山の手通八木病院」(札幌市西区西野3条5丁目1-35)は、6月14日午後1時30分から札幌市教育文化会館で「最新医療情報セミナー」を開催する。膝や股関節の痛みに対し、現在おこなわれている治療法や手術について説明し、今話題の「ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)についても、わかりやすく解説する。入場は無料。

 ロコモとは、骨や関節、筋肉など運動器の障害によって、立つ、歩く、のぼるといった移動能力が低下し、日常生活の質が落ちる状態のこと。この状態が続くと、近い将来、寝たきりの状態になる可能性もあるという。

 足腰が弱ったなと感じたら、それはロコモかもしれない。ちょっとでも自分に疑わしいところがあるならば、今回のセミナーに行く価値は十分にある。(松田)

=写真=セミナー会場の札幌市教育文化会館