「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 日々刻々

々刻々

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/01/12(木) 「札幌美術展 柿﨑煕―森の奥底」1月28日から札幌芸術の森美術館で開催

  

 札幌芸術の森美術館(札幌市南区)では、1月28日(土)から「札幌美術展 柿﨑煕―森の奥底」が開催される。この展示会では、代表作の「林縁から」などを中心におよそ60点が展示。今もなお、深化し続ける柿﨑芸術の魅力に迫る。期間は、3月26日(日)まで。

また、展示会期間中の2月19日(日)、2月25日(土)、3月4日(土)には学芸員が展示室をめぐりながら展覧会のみどころを紹介する「ギャラリー・ツアー」も同時におこなわれる。参加無料。

柿﨑煕(かきざき ひろし)1946年、留萌市出身。北海道教育大学札幌分校特設美術課程卒業。北海道の立体作家を組織とする「北海道立立体表現展」のメンバーで現代美術をリードして展覧会にも多数参加している。

お問い合わせ等については札幌芸術の森美術館
電話011-591-0090

=写真=柿﨑煕《林縁から―胚胎》2011-2012年 木(カツラ)、アクリル絵具 作家蔵 撮影:前澤良彰