「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月号 ハゴトコ

 先日、室蘭港の岸壁で交わしていた親子のほほえましい会話。「その魚は海にかえしたほうがいい」と父がいえば「せっかく釣ったのに持って帰ろうよ」と息子。その魚の名はハゴトコ。どうやら「食べてもおいしくない」という親の意見に対して「お母さんに見せたい」の対立であった。
 北海道全域で釣れる魚だが特に胆振、日高地方に多く生息する。正式名はスジアイナメ。アイナメと付くだけにアブラコの仲間でハゴトコの名の由来は定かでないが、アブラコやウサギアイナメの若齢魚を指すことが多い。ただ釣り会ではアブラコの部に入れ、区別していない会が多い。
 沿岸の岩礁地帯に住み、群れを成して泳ぎ回っている。道理で日高の船釣りなどでは束になって釣れる外道扱いでまず「ハゴトコを釣ってから」の合言葉があるほど。アブラコとの見分け方は、小型であることが一番だが尾ビレが円みを帯びている(アブラコは直線状)ことから違いがわかる。ただ、若齢のころはアブラコとなにからなにまで似ていて区別は難しい。
 冒頭の会話で父親がいっていた「おいしくない」にはやや異論があって、アブラコやホッケの近縁なのだからまずいわけはない。新鮮なものは刺身にもできるし白身だけにフライも結構イケる。味噌漬けにして焼き魚にすると大変おいしいのでぜひ持ち帰って料理を薦める。