「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月号 狭腹

 白身でおいしいサワラ。特に春季間のいまに獲れるものが尊重され、刺身や照り焼きは適当に脂がのっており絶品の味だ。
 サワラは魚偏に春(鰆)と書くことから春の魚と思いきや実は四季を通じて旬という。日本各地では1年中釣れたり獲れることから地方によって呼び名が変わる魚でもある。例えば九州では春季に魚影が多いことから「花見サワラ」。瀬戸内海では夏が旬で「盆サワラ」。相模湾から北の海では秋から冬のものが身が締まって「寒サワラ」となる。このように季節用語の感さえある回遊魚で、北海道では道南の海域でわずかに見える程度だがブリなどと同様に近い将来には全道の沿岸でも釣りが可能になるかも知れない。
 また、漢字で狭腹とも書く。語源はサバ、マグロ、カツオと同じサバ科の魚でありながら彼らに比べ腹部がほっそりしていることから狭い腹がサワラになった。スリムな身体で泳ぐスピードは速く、なんと時速100キロ以上という。加えて海上をジャンプする力は強くトローリングでは人気魚の一つにあげられる。やさしそうな魚相に似合わずどう猛さがあり鋭い歯で噛まれると大けがになると漁師仲間では危険魚なのだそう。
 くせがないことで料理方法も多種多彩で、美しいお造りや西京味噌漬けはサワラが最高品。ムニエルやフライに煮物、塩を軽く振った焼き物にも適している。