「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月号 優雅

今年はサクラマスの当たり年という。日本海の島牧海岸の釣り人に聞くと「例年だとアメマスの方が多いのだが、ハリ掛がりするのはサクラマスの比率が高くこんなことは珍しい」と口をそろえる。この魚、サクラの咲くころによく取れ、美味であることからこんな優雅な名が付けられた。

ところでサケとマスを分類するのはなかなか難しい。一般的には降海型と河川型によって前者をサケ、後者をマスと呼んだりするが、必ずしもそうとは限らずなんとも紛らわしい。降海型のキングサーモンをますのすけ(鱒乃介)と呼ぶし、ヤマベが海に出るとサクラマス(桜鱒)で、はっきりした基準は付けていないようである。世界的にはサーモンとトラウトと分類され日本では鱗の小さいものをマスという地方が多いがこれも見分け方は至難の業。

サクラマスはマス類の中では一番おいしいとされ、バター焼きをはじめフライやムニエル、マリネ、さらに寿司ネタ、缶詰にすると高級品になる。サケの卵は筋子、イクラというがマスの卵も塩や醤油漬けにするとマス子となりこれもうまい。北海道では日本海に多く生息してホンマス、ママスの別名も。全長60センチ級の板状の大きいのをイタマスと呼ぶ。また、支笏湖や摩周湖で繁殖するのはヒメマス(チップ)で、これも味は最高。河川で野生化すると40センチにもなるそう。